ホーム > ご支援のお願い > 募金Dialogue > 長野桜友会をお訪ねして

学習院サポーターズ倶楽部  長野桜友会をお訪ねして

2014年11月に開催された長野桜友会総会にお邪魔し、代表者5名の方にお話しを伺いました。

ページの先頭へ

会長 横山 悟 大学政経学部経済学科・1964(昭和39)年卒業

堀口 助 在学中は授業より部活(学習院新聞)に熱中。編集長もやって卒業後はプ口の新聞記者に。94年にはOBが集まり、山の会を結成。2014年の40回を区切りとし高徳小屋を最後に終幕とした。学習院は自由閤達で環境が良く、素晴らしい教授陣に薫陶を受け、一生の友を得た場所です。近年、減少傾向にある地方の受験者・入学者を今後は増やす対策をお願いしたい。


副会長 杉原 莞爾 大学法学部法学科・1966(昭和41)年卒業

林 奈穂 授業は真面目に出席していました。部活は輔仁会の史学部に属し、仏像を観て歩くことにも時間を費やしていました。昭和37年に入学した同好の志で三七一会(みないちかい)を作り、年一回、集まって活動しています。3年前には修学旅行と称して南山科ヘ。年一回開かれる史学部の桜史会総会にも参加しています。今は1年に一度、奈良・京都ヘ旅行しています。


北信支部長 丸田 秀明 大学法学部政治学科・1967(昭和42)年卒業

持留 宗一郎 学生時代は、鉄道研究会から派生した史跡研究会に入り、その影響もあって大手旅行会社で準社員同様にチーフとして3年間に120回の添乗をこなすアルバイトに励んでいました。当時の学生番号はいろんな暗証番号などに活用しています。卒業後は社会科の教職の道に。今の人生があるのは学習院のおかげです。


東信支部長 三井 実 大学経済学部経済学科・1971(昭和46)年卒業

持留 宗一郎 ゆっくりのんびりした学生時代を過ごし、卒業後2年間は職員として学習院本部に勤務していました。学習院の良さは、おっとり、のんびりした心置きなく付き合える一生の仲間がいること。桜友会の思い出としては2007年に長野で児玉清さんと川島先生の公開講演を行い、600名近く集めて大盛況だったことですね。


世話役 木内 春夫 大学経済学部経済学科・1971(昭和46)年卒業

持留 宗一郎 勉強は留年しない程度に。四大学対抗戦、バレーボールでの四連覇は懐かしい思い出です。部活は囲碁部で趣のある乃木館で週2回、練習できたのがいい思い出です。下宿のすぐそばにあった百貨店の物流センターでアルバイトし、そのまま就職。地元に異動になって世話役21年。皆さんの関心を高め、各種行事に如何に参加していただくかに苦労しています。

長野桜友会

お問い合わせ先

学校法人 学習院 募金部

〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1  TEL : 【平日】 8:40~16:45 / 【土曜】 8:40~12:30

ページの先頭へ