ホーム > 学習院の概要 > ロゴマーク等について > 名称・院章・校章・院歌

名称・院章・校章・院歌

学習院の名称・院章・校章・院歌

名前の由来

ページの先頭へ

弘化4(1847)年3月、京都に公家の教育機関として開講し、当初は学習所とも称したが、嘉永2(1849)年4月、孝明天皇より「学習院」の勅額が下賜されて正式名称となった。

この名称が論語冒頭の「学而時習之、不亦説乎」(学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや)に基づくことは疑いないとされている。

明治元(1868)年3月、講義を閉じたのち改称や改編を経て明治3(1870)年7月、京都の旧学習院は終わりを告げた。

明治10(1877)年10月17日、神田錦町において華族学校開業式が行なわれ、明治天皇より校名を「学習院」と賜わり、次いで「学習院」の勅額が再び下賜された。学習院はこの日を創立記念日としている。

名前の由来

院章・校章

ページの先頭へ

桜花の院章のデザインは、明治10(1877)年の学習院創立当初より徽章として用いられていた。本居宣長の歌「敷島の大和心を人問はゞ朝日に匂ふ山桜花」からとられたといわれる。その後明治22(1889)年に形状が改められ、平成3(1991)年に学習院院章として現在の形が正式に規定された。

他方で、明治18(1885)に創立された華族女学校は八重桜の紋章を用いたといわれ、女子学習院時代の昭和8(1933)年、正式に院章と定められた。現在は女子中等科 女子高等科の校章として使用されている。男子の中等科・高等科は桜花の院章を用い、男女共学の初等科と幼稚園は桜花と八重桜の両方を併用している。

昭和24(1949)年に開学した学習院大学は、同年に独自の徽章を考案し校章として用いている。翌25(1950)に開学した短期大学部(昭和28年より学習院女子短期大学)も校章を作成したが、平成10(1998)年に四年制の学習院女子大学に改組された際にデザインが変更され、現在の校章が使用されるようになった。

※院章・校章・ロゴの使用についてはこちら

徽章

院歌について

ページの先頭へ

学習院 院歌学習院は明治10(1877)年の創立以来、院歌をもっていなかった。学習院が私立学校として再出発を遂げた後の昭和26(1951)年ごろ、安倍能成院長のもとに多方面から院歌制定の要望があった。安倍院長は、学問を好み真理を熱愛し、謙虚にして反省に富み、進んで社会に奉仕し、困難に屈しない意力ある人物を養成したいとして自ら作詞した。信時(のぶとき)潔(きよし)が作曲を行い、昭和26年5月に「学習院院歌」が発表された。

安倍院長は院歌について、「私はこれまでに文章は大分書き、和歌も俳句も少しは作ったが、こんな院歌のようなものを作ったのは、生まれて初めてである。詞はまずいけれども、私はこの院歌を、日本国民全体にうたってもらいたいくらいの意気込みで、作ったのである」(『こざくら』34号、昭和26年11月)と述べている。

お問い合わせ先

学校法人 学習院 総合企画部 広報課

〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1  TEL : 03-5992-1008(直通)

【平日】 8:40~16:45 / 【土曜】 8:40~12:30

ページの先頭へ