ホーム > 施設 > 施設計画・報告 > 吹き付けアスベストへの対応について

吹き付けアスベストへの対応について

吹き付けアスベストへの対応について

本院の吹き付けアスベストについては、全て安全対策措置済です

ページの先頭へ

 平成30年12月現在、本院で吹き付けアスベストが使用されている箇所は、大学図書館の書庫(閉架)の壁面のみです。大学図書館は平成2年3月に封じ込め工法による処置、平成18年8月に簡易囲い込み処置を施しました。以後、定期的に目視点検及び粉じん濃度測定を実施いたします。(直近では平成30年11月26日に実施)。アスベストの損傷や劣化は見受けられず安定しており、環境測定調査の結果、環境省の定める石綿繊維数濃度の判定以下であることが確認されております。
 その他の吹き付けアスベストは全て除去済みです。本院のアスベスト対策の概要については下表をご覧下さい。



調査および対応措置の経緯

ページの先頭へ

 本院では、平成17年11月、文部科学省からの「学校施設等における吹き付けアスベスト等使用実態調査の結果及び対策に関する留意事項について(通知)」(17文科施第273号平成17年11月29日)の通達を受け、同年に各建物の吹き付けアスベスト(石綿)3種類(※1)の分析調査を行いました。
 また、平成20年2月、文部科学省からの「学校施設等における石綿障害予防規則第3条第2項の規定による石綿等の使用の有無の分析調査の徹底等について(通知)」(19文科施第419号平成20年2月15日)の通達を受け、新たに調査対象となった吹き付けアスベスト3種類(※2)の分析調査を行いました。調査の結果、アスベスト対策を講じる必要が生じた箇所について下記表のとおり対応してまいりました。
 ※1 石綿の種類:アモサイト、クリソタイル、クロシドライト
 ※2 石綿の種類:アクチノライト、アンソフィライト、トレモライト

措置年度 措置内容 学校 吹き付けアスベストが使用されていた箇所
平成1年度 封じ込め処置 大学 大学図書館 全館天井及び書庫(閉架)壁面
平成17年度 封じ込め処置
(平成26年建物改修時に除去)
大学 南2号館 2~4階各教室及び廊下
除去
(平成24年建物改修)
大学 北1号館 2~4階廊下及び2階階段ホール
除去 中・高等科 第1体育館 教員控室
除去 女子中・高等科 室内プール シャワー室・ロッカー室・腰洗い室・浴室前室
平成18年度 除去
(平成25年建物改修)
大学 南3号館 1~2階ホール、1~3階各教室
簡易囲い込み処置 大学 大学図書館 書庫(閉架)壁面(天井面使用なし)
除去 女子大学 6号館 空調機械室
平成20年度 除去 大学 大学図書館 全館天井(書庫を除く)
除去 女子大学 3号館 屋上階段室
平成21年度 除去 女子大学 6号館 2階器具庫・倉庫・ステージ
平成22年度 除去
(平成26年建物改修)
大学 南2号館 2~4階各教室及び廊下
除去 女子大学 3号館 1~2階、3階集会室・防音室
除去
(平成22年建物解体)
女子中・高等科 A館 1階事務室他、2階小講堂他
平成23年度 除去
(平成23年建物解体)
女子中・高等科 E館 1階準備室、1~4階教室、教員室
平成24年度 除去
(平成24年建物改修)
大学 北1号館 各階全室(201教室、401教室、学生相談室除)・2~3階廊下
平成27年度 除去 大学 南5号館 2階203実習室
平成30年度 除去
(平成30年建物解体)
法人 旧ボーイスカウト隊舎天井裏

 大学図書館書庫(閉架)の壁面については、今後も安全性確認のため、定期的な目視点検と粉じん濃度測定(年1回以上)を実施し、室内空気環境の維持管理を行ってまいります。いずれ、改修・解体工事の実施に併せて、大気汚染防止法に基づき適切に除去する予定です。

更新日:2018年12月3日

お問い合わせ先

学校法人 学習院 施設部 施設課

〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1  TEL : 03-5992-1046(直通)

【平日】 8:40~16:45(昼休み11:30~12:30) / 【土曜】 8:40~12:30

ページの先頭へ