教育課程

音楽(授業内容)

音楽(授業内容)

入学して来るとまず、普通の学校の校歌に当たる「院歌」を習得する。
以後歌うことについては、卒業までに英語、イタリア語等外国語の曲も含めて曲数は少ないがしっかり、きちんと暗譜して、いくつになってもひょっと思い出して、なつかしく口づさめるように時間をかけて練習する。
この間に、練習している曲に関連させて音楽理論(楽典)についての話しをし、鑑賞(関連曲、邦楽、民族音楽、音楽映画等)を随時行う。
今のところ楽器を扱うことは少ないが、2年時にはアルト・リコーダーの基礎を学び、運指を憶え、正確な音を聞き分ける力を養う。

ページの先頭へ