教育理念

学習院中等科沿革

弘化4年(1847) 京都に公家の学問所である学習院開講
嘉永2年(1849) 孝明天皇より「学習院」の勅額が下賜され,正式名称となった。
明治3年(1870) 幾度かの改組の後,閉鎖され,24年にわたる京都学習院の時代は終わった。
明治10年(1877) 神田錦町に私立の華族学校が創立された。
10月17日に明治天皇・皇后両陛下親臨のもと開業式が行われた。
勅諭により「学習院」の名称が定まり,後に勅額が再び下賜された。
現在の学習院はこの時をもって創立としている。
小学・女子小学・中学が置かれ,修業年限はいずれも6年,入学年齢は満6歳であった。その時の生徒数は男子196名,女子59名であった。
明治17年(1884) 宮内省所轄の官立学校と定められた。
明治18年(1885) 男子のみの教育を行うこととなる(前年華族子女のための官立学校が新たに設立されることになったため)。
明治21年(1888) 麹町区三年町(現在の港区虎ノ門)に移転する(明治19年に火災で校舎の中心部を焼失したため)。
明治23年(1890) 四谷区尾張町(現在の新宿区四谷)に移転
明治29年(1896) 北豊島郡高田村(現在の豊島区目白)への移転が決定(明治17年の地震により校舎が被害を受けたため)
明治41年(1908) 中等学科・高等学科は完成した新校舎に移った。27万212㎡(現在の目白校地20万5038㎡)広大な土地に建てられた建物は,そのいくつかが現在も残されている。なお初等学科は四谷にとどまり,学習院初等科として現在に至っている。
大正8年(1919) 初等学科,中等学科,高等学科という名称から現在使っている「初等科」,「中等科」,「高等科」になる。
昭和20年(1945) 学制を改革して門戸を広く市民の子女に開放する。
昭和21年(1946) 宮内庁から離れて私立学校となることを決定
中等科は戦災のため目白を離れ,1,2年生が小金井に移る。
昭和21年(1946) 皇太子明仁親王(現天皇陛下)中等科にご進学
昭和22年(1947) 新制中等科が発足し新しいスタートを切る。
昭和23年(1948) 新制高等科が発足し新しいスタートを切る。
昭和24年(1949) 中等科は女子部のある新宿戸山町に移る(都心より遠く不便なため)。
昭和26年(1951) 学校法人学習院となる。
昭和32年(1957) 中等科は再び現在の目白に戻る。
昭和52年(1977) 京都学習院開講から130年目,明治の創立から100年目,戦後官立学校から私立学校となってから30年目にあたる。これを記念して百周年記念会館等が建てられる。
昭和52年(1977) 学習院創立100周年(明治10年より数えて)
昭和53年(1978) 学習院創立百周年記念式典挙行
平成10年(1998) 中等科・高等科の新校舎が完成
平成12年(2000) 中等科・高等科1クラス40名の5クラス体制が整う。
平成14年(2002) 学習院創立125周年記念式典挙行
平成16年(2004) 第1グラウンドが人工芝化される。
ページの先頭へ