高等科 芸術

教育目標 芸術の幅広い活動を通して、生涯にわたり芸術を愛好する心情を育てるとともに、感性を高め、芸術の諸能力を伸ばし、豊かな情操を養う。
高2
高3
書道1

書道1では、漢字の各書体の変遷を中国や日本の名跡から学ぶ。
また、仮名の学習では平安時代の古筆を学ぶ。

高3 書道2

書道2では、臨書の条幅作品制作を中心として篆刻・少字数・漢字仮名交じりの書、
そして生活の中の書式を学ぶ。

高2
高3
音楽1

音楽1は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスから一種類を選択し、一年かけて弦楽合奏を行う。コーチの下、専門的なレッスンを受けるので極力、経験者が望ましい。なお、楽器を所有していない者は、学校の楽器を数名で使うことになる。

高3 音楽2

音楽2では履修者数が絞られるため、各人の要望に沿って器楽と声楽のバランスを考えたい。

高2
高3
日本画1

日本画1では、おもに野菜、花、剥製などをモティーフにした静物画を制作する。
顔彩と色紙を用いて、基礎的な日本画の技法を習得する。

高3 日本画2

日本画2では、静物画の他に、風景制作、模写、篆刻を行う。
岩絵の具、箔など本格的な日本画材料も使用し、より高度な絵画表現を学ぶ。

高2
高3
西洋画1

西洋画1では、油絵具の使い方から始め、1年間で三点の油絵を制作する。
各学期に静物画・風景画・自由制作の基本的な描き方を学ぶ。美術鑑賞として美術館見学を行う。

高3 西洋画2

西洋画2では、自由なテーマで制作し、自己の表現の可能性を探ると共に技術を学ぶ。

高2
高3
工芸1

工芸では木材や金属等の実材の加工、デザインを通じ、素材について学び、自ら設計・デザイン、制作を行い、ものをつくることについて学ぶ。
工芸1では、基本的な素材の加工方法、設計・デザインなどを行う。

高3 工芸2

工芸2では、身近にあるもの(照明・食器など)の設計・デザイン、制作を行う。