中等科 数学

教育目標 数量(代数)・図形(幾何)に関する基礎的な概念や法則の理解をさせ、それらを反復・練習することにより、知識を身につけさせる。一つの事象を数理的に表現し、論理的に処理する能力を高めさせる。また、数学に興味を持たせ、その楽しさを体得させる。
中1 代数

正の数・負の数

文字式とその応用

1次方程式とその応用

幾何

整数論(最大公約数、最大公倍数の求め方・倍数、素数判定法など)

平面図形の基礎、基本作図

空間図形の基礎、空間における平面と直線

空間図形の応用(正多面体、オイラーの多面体定理、空間図形の切断など)

資料の整理

中2 代数

不等式とその利用(連立不等式も含む)

連立方程式とその利用(3元の場合も含む)

一次関数とそのグラフ(垂直の場合も含む)

多項式の展開公式およびその応用(3次式まで)

幾何

三角形の合同、二等辺三角形・直角三角形の合同

四角形の性質と決定条件場合の数

平行線と比(メネラウスの定理、チェパの定理

相似と平面におけるその応用(線分比・面積比など)

中3 代数

因数分解およびその応用(3次式まで)

平方根(二重根号も含む)

二次方程式(解の公式も含む)

二次関数とそのグラフ

確立・標本調査

幾何

円周角の定理、接弦定理、円に内接・外接する四角形

三平方の定理

空間図形の応用(立体における相似・三平方の定理の応用など)

初等幾何のまとめ、応用作図