主なメニュー


高等科トップ > スクールライフ > 高等科の一日


高等科の一日

2年生を例に、典型的な生徒の1日を見てみましょう。
彼は近郊市に住み、サッカー部に所属しています。先日行なわれた鳳櫻祭(文化祭)では友達と有志団体でバンド演奏をやりました。さて、どんな毎日を送っているのでしょうか。
  • ある高等科生の1日
  • 日時:11月某日 天気:くもりのち晴れ

  • 06:45
  • 起床 今日は月曜日。昨日の試合の疲れはもうないが、朝はやはり眠いものだ。


  • 07:10
  • 朝食後、家を出発。電車は座れなかったけど、いつもどおりサッカー雑誌を読みながら。


  • 08:20(1)
  • 登校 目白駅で3年生の先輩と会った。校舎まで5分の道を一緒に歩きながら3年生の授業の内容を聞く。

  • 08:20(2)08:20(3)


  • 08:25
  • 予鈴が鳴る。授業に急ぐ中等科・高等科生が階段を行き交う、最も混雑する時間。


  • 09:30
  • 2時間目は数学の分割授業。中間テストが返ってきた。もう少しできたと思っていたのだが…。先生の解説を聞くと、問題練習が足りなかったといつも思う。
    おなかがすいたので、休み時間に食堂のパンの自動販売機へ。昼までガマンは無理です。


  • 10:30
  • 3時間目は英語の分割授業。M先生の授業は厳しいがよくわかる。20人なので当たる回数が多いからしっかり予習しておかないと。ノートチェックもあり。


  • 11:30(1)
  • 4時間目はホームルーム。5階の501・502大教室に2年生全員が集まって、来年度の選択授業の取り方について教務課のT先生からガイダンスを受ける。将来は経営か情報関係の学部を志望しているが、学習院大学に進学するか他大学を受験するか、その決心はまだつかない。
    終わって教室に戻るとき、主管(担任)のS先生に声をかけられた。しまった。来週の保護者会の出欠が未提出だった。


  • 12:30
  • 11:30(2)昼休み 鳳櫻祭でやった有志バンドの会計係のため、実行委員に呼ばれて決算の説明会に出席。仲間から預かった領収書を確認する。書類の提出期限を過ぎると予算がもらえない。なくしたら大変だ。
    昼飯は食堂で、いつもの唐揚げドンブリ400円。特製タレをたっぷりかけてと。
    テーブルにはいつもの仲間たちが、もう食べ終わってくつろいでいる。合流すると、話題は昨日の試合のことやそこで見かけたあの女の子。え、誰かの彼女?!


  • 13:30
  • 5・6時間目は選択授業。化学の実験だ。担当のU先生はレポートが厳しい。


  • 15:00
  • 放課後は部活。30分ほど昨日の試合のビデオを見ながら、ポジショニングとパスについて顧問のT先生から説明される。その後グランドへ出て、いつもどおりの練習だ。故障を防ぐのに、始めのストレッチとウォームアップは入念に。ゲーム形式の練習が始まる頃には日が暮れる。暗くなったら夜間照明をつけるのはいつものこと。


  • 18:00
  • 部活終了。軽くシャワーを浴びて、6時半ころ仲間と帰る。1人が中間試験の成績のことで、主管(担任)に呼び出されたという。叱られるというより、勉強の仕方、成績を上げる方法について具体的にまずは自分で考えよ、と言われたらしい。もちろん他人事ではない。本屋にでもよって、英文法のワークブックでも見ていこう。ああ、現国の課題の小説も買わなくちゃ。



  • 20:10
  • 帰宅。家族は先に夕食を済ませている。母親に保護者会の出欠用紙のことを言うと、「個人面談をお願いしようかしら?」。「今回は別にいいよ」と答える。「あら、そう」。うちの親は理解のあるほうだと思う。


  • 22:00
  • クラムボンのCDを聴きながら、数学の復習と英語の単語調べ。


  • 22:30
  • 明日は部活が休みの日なので、バンドの仲間が所属するフォークソング同好会の部室で過ごそうか。それともどこか予備校の冬期講習のパンフレットでももらいに行って来ようかな。うー眠い。そのまま布団へ。就寝……



ページの先頭へ