主なメニュー


高等科トップ > スクールライフ > 保健室 > 学校で予防すべき感染症


学校で予防すべき感染症



   病 名    出席停止期間の基準
 インフルエンザ  発症後 5 日間を経過し、かつ、解熱後 2 日(小児にあっては 3 日)を経過するまで
 百日咳  特有の咳が消失するまで又は 5 日間抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
 麻疹  解熱後3日を経過するまで
 流行性耳下腺炎  (耳下腺の)腫れが出た後 5 日を経過しかつ、全身状態良好になるまで
 風疹  発疹が消失するまで
 水痘  全ての発疹が痂皮化するまで
 咽頭結膜熱  主要症状消退後2日を経過するまで
 結核
髄膜炎菌性髄膜炎
 病状により学校医そのほかの医師において感染のおそれがないと認めるまで 

 ・腸管出血性大腸菌感染症 ・流行性角結膜炎 ・コレラ ・細菌性赤痢 
 ・腸チフス ・パラチフス ・急性出血性結膜炎 ・その他の感染症*
 ⇒ 病状により学校医そのほかの医師において感染のおそれがないと認めるまで

*その他の感染症:学校において流行を広げる可能性があり、その流行を防ぐため必要があれば学校長が学校医の意見を聞き、第三種の感染症として措置することができる感染症
例●溶連菌感染症 ●ウイルス性肝炎 ●手足口病 ●伝染性紅斑 ●ヘルパンギーナ 
●マイコプラズマ感染症 ●流行性嘔吐下痢症
平成24年4月1日改正


出席停止の期間は感染症の種類に応じて、基準が定められています。
医師から登校の許可が出ましたら、「治癒証明書」を保健室へ提出して下さい。


この治癒証明書を閲覧するにはAdobe社Adobe Readerでご覧下さい。
※最新のAdobe Readerは下記ボタンを選択して入手できます。


ページの先頭へ