教育方針

女子中・高等科トップ > 教育方針・沿革 > 教育方針

教育方針

科長 水谷真知子

科長 水谷真知子

学習院女子中・高等科は、明治18年に設立された華族女学校を前身としております。学校の名称は変わりましたが、設立当初からの教えである、良き友を得て互いに切磋琢磨し学習に励むことを指針として教育してまいりました。その時代に生きる女性にふさわしい品性と知性を身につけるよう、これからも生徒を育ててまいります。

本校の教育は全人格的な陶冶を目指しております。生徒の知性・感性を含むすべてに働きかけ、成長を促します。学習においては、確かな知識の定着を図り、自分で考え、友と深め合い、的確に表現することを目標にしております。委員会・部活動・行事などにおいても、生徒自らが考え企画し活動することを重視しております。

生徒たちは、自然に恵まれた広いキャンパスの中で自由にのびのびと毎日を過ごし、人間的に成長していきます。豊かな学校生活を通して、自分を大切にし、他を思いやりながら様々なことを実現する力を身につけてまいります。教職員や上級生・卒業生と触れ合うことにより、美しい言葉遣いや立ち居振る舞いも自然に備わってまいります。

中学・高校時代は模索の時です。生徒たちはときに迷いながら自分自身の生きる基盤を築いていきます。私どもは、生徒一人一人を尊重し、可能性を信じ、生徒たちの挑戦を応援してまいります。本校での六年間を通して未来を切り開く力を育み、広い世界に羽ばたいていくことを願っております。