女子中等科 授業紹介

女子中等科 - 中1学年の授業紹介 -

技術・家庭

家庭科は衣・食・住の生活基盤に必要な現代的な知識と実際的な技術の習得を目的とした教科です。  授業は週2時間、クラスを前半/後半に分割し、少人数教育に基づき目が行き届いたきめ細やかな指導を行っています。講義だけでなく実習や実験を多く取り入れ、わかりやすく身につく学習内容を用意しています。

 被服分野での基礎縫い(ボタンやスナップ付け)・染み抜き・アイロンかけ・ミシン縫い(トートバッグ製作)・刺しゅうの実習のほか、情報(パソコン実習)や木材加工(鍋敷き製作)等が主となります。

 生徒一人ひとりが一台の作業台を使って伸び伸びと課題に取り組める理想的な環境を生かし、創意工夫を重ね、個性豊かな作品を仕上げ、興味と自信を持つことができます。

  • 分割授業

  • トートバッグ