主なメニュー


幼稚園トップ > 幼稚園のあゆみ > 沿革


沿革

1847年(弘化4)

学習院の淵源「学習所」が京都御所のとなりに設立。
主に公家を対象とした教育機関であった。

1849年(嘉永2)

「学習院」の勅額を下賜される。

1877年(明治10)

10月17日、神田錦町に華族のための学校として、学習院ができる。

1894年(明治27)

麹町区永田町の華族女学校に幼稚園を設置。
開園時32名入園。

1906年(明治39)

華族女学校は学習院と合併。学習院女学部となり、幼稚園も学習院女学部幼稚園となる。

1912年(明治45)

学習院女子部火災。
幼稚園は仮園舎として四谷尾張町の初等学科正堂に移転。

1918年(大正7)

幼稚園は学習院女子部と共に赤坂区青山に新築移転。
学習院女子部は女子学習院と改称。それに伴い女子学習院幼稚園となる。

1944年(昭和19)

戦局悪化のため幼稚園の保育中止。

1945年(昭和20)

戦災のため焼失。

1947年(昭和22)

官立を離れ財団法人学習院となり、幼稚園は廃止。

1963年(昭和38)

目白に幼稚園再開園。
学習院幼稚園となる。

写真1
1998年(平成10)

幼稚園園舎(旧園舎)解体。
新宿区下落合の仮園舎にて保育開始。

写真2
1999年(平成11)

新園舎落成。
 

写真3
2013年(平成25)

幼稚園再開園50周年を迎える。
 

写真4

ページの先頭に戻る