初等科トップ > 科長の挨拶・沿革 > 沿革

沿革学習院初等科の沿革

学習院初等科の沿革

弘化4(1847)年 京都に公家の子弟のための学校として、学習院ができる。
現在、掲げられている「学習院」の額は、孝明天皇から下賜されたものです。

明治10(1877)年 10月17日、神田錦町に華族のための学校として、学習院ができる。

明治天皇・皇后陛下ご臨席のもと開校された学習院の錦絵

明治17(1884)年 学習院、宮内省立の学校となる。
明治18(1885)年 学習院の女子科をやめ、華族女学校が四谷尾張町(今の迎賓館前)につくられる。
明治23(1890)年 学習院、虎ノ門から四谷(華族女学校跡)に移る。
明治32(1899)年 学習院初等学科の校舎が四谷の現在地に新しくつくられる
大正8(1919)年 学習院の初等学科を初等科と改める。
大正15(1926)年 学校誌「小ざくら」が初めて発行される。
昭和15(1940)年 新しい校舎(現在の本館校舎)ができ、お祝いの式を行う。
昭和19(1944)年 4・6年が沼津、3・5年が日光に疎開する。
昭和20(1945)年 戦争のために初等科の記念館・春風館が焼ける。11月、四谷校舎で授業が再開される。
昭和22(1947)年 学習院、女子学習院がいっしょになり、私立の新しい学習院として出発する。
昭和24(1949)年 1学年3クラス(東組・中組・西組)の18学級で、全学年男女共学となる。
昭和38(1963)年 創立85周年記念式典を行う。
昭和52(1977)年 明治10年から数えて、創立100周年を迎える。
昭和53(1978)年 創立100周年記念式典を行う。
平成9(1997)年 新しい体育館・プールが完成する。
学習院京都開講150年記念の集いを行う。
平成14(2002)年 創立125周年記念式典を行う。
平成16(2004)年 仮設校舎が建てられ、新教室棟(西館)の建設が始まる。
平成17(2005)年 新教室棟(西館)が11月に竣工し、竣工式が12月16日に行われる。
平成18(2006)年 1・3・5年が、1学年4クラス(東組・西組・南組・北組)となる。
平成19(2007)年 全学年が、4クラス(東組・西組・南組・北組)となる。