図画工作科つくる楽しさ・喜びを大切に

子どもたちは、絵を描いたり、ものをつくったりすることが大好きです。
好きだから楽しい! 楽しいから好き!
そんな、つくる楽しさや自らの思いをかたちにする喜びを手の確かな触感とともに大切に育み、伸ばしていきたいと考えています。

イメージに遊ぶ

子どもたちの持つ、とらわれることのない瑞々しい感性や奔放な発想。
楽しい!と感じることで、その発想はさらなる広がりを見せてくれます。
創造力あふれる心豊かな作品となるような題材、遊び心をもって楽しみながらつくることができる自由な雰囲気を、何よりも大切にしています。
  • 1年「きりがみもよう」 1年「きりがみもよう」
  • 4年「こんなお城にすみたいな」 4年「こんなお城にすみたいな」
  • 2年「げいじゅつかになって」 2年「げいじゅつかになって」
  • 5年「あんな漢字こんな感じ?」 5年「あんな漢字こんな感じ?」
  • 3年「にじの世界」 3年「にじの世界」
  • 6年「顔文字」 6年「顔文字」

自然を感じる

春、全校児童が参加して行われる写生会。
やわらかな新緑の中で爽やかな風を感じながら、1・2年生は初等科周辺で、3~6年生は新宿御苑で、スケッチブックに向かいます。
1年生から6年生へと、自然を見つめる眼、その表現力の成長には、感心させられるばかりです。
  • 1年 1年
  • 4年 4年
  • 2年 2年
  • 5年 5年
  • 3年 3年
  • 6年 6年

素材に親しむ

さまざまな素材や表現法を体験することは、子どもたちにとって新鮮な喜びであり、新たな発想の源ともなります。
初等科では、紙とクレヨン・水彩に始まって、粘土での造形・陶芸作品、かんなやのこぎり、電動工具を使っての木工作はもちろんのこと、既成の造形材料にとどまることなく、身の回りのいろいろなものを素材としてとりあげるよう努めています。
また、2年生では、身近な植物をつかっての草木染めで染料に親しみ、6年生では、自ら拾い集めてきた様々な色の石をすりつぶしてつくった天然顔料(石絵の具)による作品など、自然の持つ美しい色あいを身をもって体験しています。
  • 草木染め たまねぎ、よもぎ、びわを使って 草木染め
    たまねぎ、よもぎ、びわを使って
  • 焼きもの 焼きもの
  • 手すき和紙 こうぞに野菜などの繊維を混ぜて 手すき和紙
    こうぞに野菜などの繊維を混ぜて
  • 手づくり石絵の具 手づくり石絵の具

さまざまな表現に触れる

完成した作品を展示し、観賞することも大切です。
主な発表の場として、6月の全校参観日、11月の初等科祭があります。さらに、1月に銀座松屋で開催される東京私立小学校児童作品展「ほら、できたよ」では、1年生も6年生も全員がひとつのテーマで取り組んだ作品を展示しています。
多くの方々に作品を見ていただくことは、子どもたちにとって大きな励みとなります。
また、それぞれに異なる作品を観賞し、互いの個性を認めあうことで、貴重な学びの場ともなっています。
初等科祭
  • 1年 1年
  • 2年 2年
  • 3年 3年
  • 4年 4年
  • 5年 5年
  • 6年 6年
東京私立小学校児童作品展「ほら、できたよ」松屋銀座
第24回展「のぼってくだって大冒険」1・3・5・6年全児童共同作品 第24回展「のぼってくだって大冒険」1・3・5・6年全児童共同作品
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬