さくら日本文化・子ども文化を探る

「総合的な学習」の一環として、週1時間、さまざまな授業を行っています。その時間を本校では「さくら」と呼んでいます。

「さくら」の特徴

・ 日頃の学習内容を発展的に学ぶ
・ 二つ以上の教科の内容を横断的に学ぶ
・ 日本の伝統文化を子どもの視点から探究的に学ぶ
・ 学びの方法が多様であり、体験活動や観察・実験、見学や調査、発表や討論などの活動を積極的に取り入れる

特に、高学年では、日本の古典や名作を通して、美しい日本の言葉に親しんだり、日本人が忘れかけている伝統文化を学んだりしています。
「さくら」は子どもたちにとって楽しみな時間の一つになっています。