管弦楽部

管弦楽部 写真1

管弦楽部は、一貫教育のなかで、音楽を自ら親しむスタート地点として、昭和61年に創設されました。

楽器の経験の有無にかかわらず、4年生以上の希望者を対象にしています。基本的には二管編成の形態をとっていますが、児童の希望も考慮しているため、実際には変則的な編成になっています。

主な活動には、12月に行われる「小さな音楽会」の開催と、4月の「オール学習院の集い記念音楽会」への参加があります。

「小さな音楽会」では、初等科の演奏の合間に著名な音楽家の演奏もプログラムに取り入れています。また、「オール学習院の集い」では、学習院OB管弦楽団を頂点とした輔仁会音楽部との合同演奏にも参加しています。

外部での演奏としては、これまで、NHK「ふえはうたう」に2回出演しました。

通学時間などで制約がありますが、短い練習時間の中で一音一音に心を込め、豊かな響きを目指して、がんばっています。