入澤寿美(いりさわとしはる)[教授]

【略歴】
学歴
 1976年 3月 学習院大学理学部自然科学研究科修士課程終了
 2000年 3月 工学博士 取得 (東京大学工学系研究科)
職歴
 1976年 4月 学習院大学計算機センター助手
 1980年 5月 学習院大学理学部助手
 1990年 4月 学習院大学計算機センター講師
 1993年 4月 学習院大学計算機センター助教授
 2001年 4月 学習院大学計算機センター教授
        計算機センター所長代理
 2001年 5月 計算機センター所長
【専門分野】
結晶成長

【担当授業科目】
初等情報処理1・2
情報処理入門1・2
数値解析および計算機T

【主要業績】
<著書>
入澤 寿美 田中 伸英 高林 茂樹 [共著]
「インターネット時代の情報活用[ワード・エクセル・パワーポイント・インターネット]」
(サンウェイ出版)

<発表論文リスト>
[1]T. Irisawa, Y. Arima and T. Kuroda: Periodic Changes in the Structure of a Surface Growing under MBE Conditions, J. Crystal Growth 99 (1990) 491-495.

[2]T. Irisawa, A. Ichimiya and T. Kuroda: Periodic changes in the structure of a surface growing under MBE conditions and RHEED oscillation, Surface Science 242 (1991) 148-151.

[3]T. Irisawa and Y. Arima: Structural feature of surface in MBE growth Monte Carlo simulation, J. Crystal Growth 163(1996) 22-30.

[4]T. Irisawa, M. Uwaha and Y. Saito: Scaling Laws in Thermal Relaxation of Fractal Aggregates, Europhys. Lett. 30(3) (1995) 139-144.

[5] T. Irisawa, M. Uwaha and Y. Saito: Power law relaxation of perimeter length of fractal aggregates, Fractals, Vol. 4, No. 3(1996) 251-256.

[6]入沢 寿美 有馬 義康:モンテカルロシミュレーションによるMBE成長中の表面構造の解析、 日本結晶成長学会誌 Vol. 21 No.5 (1994) s25-32.

[7]入沢 寿美、松本 喜以子 有馬 義康:2成分A-B型結晶の2次元核形成過程シミュレーション、結晶成長学会誌Vol.26 No.1 (1999)24-30.

<その他の社会活動>
未来開拓学術研究推進事業プロジェクト「成長表面・界面の動的挙動と原子スケールシミュレーション」プロジェクトリーダー
日本学術振興会より委託
平成9年度〜13年度まで