特別研究費プロジェクト一覧
2016年度

小島 和男
―哲学及び哲学史講義におけるVTR導入による教育に関する実践研究

白田 由香利
―インパルス応答に基づく自然災害による株価変動への影響パターン分析

平井 花
―感情制御が主観的感情状態に及ぼす影響の経験サンプリング法によるインターネット調査

庄司 香
―原発広告のデータベース公開

佐藤 陽治
―野外教育(自然体験学習、冒険教育等)におけるネットを利用した環境調査地図および教材図鑑の作成

山下 純司
―裁判例データデータベースを用いた新たな研究手法の開発

西坂 崇之
―力学的なシグナル伝達を担う細胞小器官“繊毛”の形状解析ツールの作成

福元 健太郎
―名前に含まれた情報を社会科学に利用する研究

安部 清哉
―日本古典語(平安和文資料)の複合型接続機能辞の通時的研究

中園 有希
―ドイツにおけるデジタル教科書開発の現状と課題

伊藤 大河
―情報教育に関するインタラクティブ教材の開発

久保山 哲二
―超高速カテゴリカル特徴選択手法を用いた高次元データの特徴付け

小林 靖明
―依頼対応記録からの効果的な情報検索とその応用について

横山 悦郎
―グリーンICTプロジェクトの新展開

入澤 寿美
―伴走者型支援のためのシステム開発

2015年度

白田 由香利
―LDAモデルにおける確率分布関数及びギブズサンプリングの可視化

山本 政人
―Twitterにおけるtweet行動およびtweetの理由と精神的健康の関連−twitter使用の理由・収集する情報の整理を含めて−

赤司 健太郎
―情報技術を用いた社会科学の新たな分析手法の開発

庄司 香
―原発広告のデータベース化

和光 純
―授業への学生割当方式の調査研究

上田 隆穂
―マーケティングによる地域活性化枠組みに関する考察とプラニング

遠藤 薫
―東日本大震災後の被災地におけるソーシャルメディアを活用した地域活性化と公共性のありかたに関する研究

伊藤 大河
―ネットワークコミュニケーションに関する動画教材の開発

小林 靖明
―グラフのカット幅を求める高速な厳密アルゴリズムの開発

大野 志郎
―授業デザイン選択型e-Learningマニュアルの作成

久保山 哲二
―静的Webサイト生成CMSの調査とサイト構築

横山 悦郎
―計算機センター・グリーンICTプロジェクト

入澤 寿美
―結晶成長の貴重資料のデジタル化・公開・保存に関する研究

城所 弘泰
―ペーパレス会議システム運用に向けた調査研究

2014年度

白田 由香利
―アジア通貨危機時の経済行動における不確実性の検証(案)

中島 匠一
―偶数展開連分数の研究

ディミトリ・リティシェフ
―アイデア募集システム

西坂 崇之
―バクテリアの集団運動の数理モデル

渡邉 匡人
―コア・シェル型液滴の界面自由エネルギー

辰巳 憲一
―サイバー攻撃回避行動の経済モデルと実証分析

歌川 光一
―戦後の国会会議録における「道徳教育」をめぐる計量テキスト分析

遠藤 薫
―東日本大震災後の社会におけるソーシャルメディアを活用した民主主義的ガバナンスのありかたに関する研究

高橋 徹
―ARハンズ・オン展示を使った学習者の観察過程と学習効果の分析・評価

大野 志郎
―教員のICT機器利用支援のための動画講習教材の作成と評価

入澤 寿美
―eポートフォリオの比較検討

久保山 哲二
―学内文書のペーパーレス化に向けた調査研究

横山 悦郎
―情報通信技術(ICT)を使った省エネルギー法の調査研究

2013年度

安藤正人 
―ABCC(原爆傷害調査委員会)文書を素材にした史料画像デジタル・アーカイビング・モデルの作成に関する研究

遠藤薫
―東日本大震災後の復興に向けた、ソーシャルメディアを介した世論形成の分析

佐藤学
―教育実践ヴィデオ・ライブラリーの構築とデータベース作成

佐藤陽治
―山岳丘陵コースにおける持久性運動(サイクリング/トレッキング)のエナジェティクス

中島匠一
―実2次体のcaliberの研究

西坂崇之
―高速度撮影による変異体F1‐ATPaseの化学反応過程と回転角度の共役機構の研究

福元健太郎
―政治における不正の統計的探知

村野良子
―小学校配布物の多言語対応データベースの作成−JSL児童言語・生活支援の一環として−

山本政人
―SNS上の不適応的な「つぶやき」の頻度と対人関係の検討  −よりよい対人関係のために−

入澤寿美
―キンクカイネティクスを考慮した定比AB結晶の表面拡散モデルの構築

磯上貞雄
―教育現場でのBYODの活用に関する研究

山口健二
―デジタルメディアと教室機材の需要調査および有効活用に関する研究

2012年度

磯崎典世 
―罪過による投票権剥奪研究のためのデータベース作成

遠藤薫
―東日本大震災におけるソーシャルメディア利用の分析

熊井信弘
―シャドーイング用フラッシュウェブ教材の開発とその評価

白田由香利
―東日本大震災後の情報の流れから見た経済主体別行動分析

田中伸英
―システムダイナミックスによる進学と少子化の分析

中島匠一
―ガウス素数の分布の研究

福元健太郎
―公共入札データの情報処理

藤井勉
―不適応的な「つぶやき」の要因−パーソナリティ特性からの検討−

渡邉匡人
―液体の密度と構造

入澤寿美
―物理学科新入学者に対する入学前補習学習用Web教材の検証

久保山哲二
―ミルナー不変量計算のための非可換多項式環処理

城所弘泰
―映像コンテンツのデジタル化に伴う教育現場の対応

勝野弘康
―レガシーメディアから永続的デジタルメディアへの転換に伴う有用性に関する研究

鏑木崇史
―メニーコア時代の超並列計算手法研究とその応用

山口健二
―誤り訂正符号の構成法に関する研究

2011年度

青木幸弘
―過疎地域住民の深層心理に潜む生活ニーズ調査(テキスト・マイニングの活用)と過疎地の小売戦略

遠藤薫
―シミュレーションの社会学-文理を接続するコンピュータ・シミュレーション

佐藤陽治
―球技戦術の一般化のためのゲーム分析及び記録保存

白田由香利
―概念グラフを用いた化粧品のニーズ分析

西坂崇之
―水中における生体の3次元トラッキング手法

保坂裕興
―アーカイブズにおける図像資料の情報資源化に関する研究

前田直子
―『今昔物語集』の訓データベース作成と語彙の文体論的研究

村野良子
―外国人児童の算数学習支援のための教材・アニメーション教材の開発

入澤寿美
―理系新入生に対する入学前補習学習用Web教材の開発(物理学科向け)

横山悦郎
―位相シフトによる干渉縞画像解析法の検証

久保山哲二
―学内Webサイトログから閲覧者の行動分析

村上登志男
―リモートアクセス環境の構築と運用に関する研究

勝野弘康
―デジタル放送時代の教材作成手法の研究

鏑木崇史
―ノンパラメトリックベイズモデルによる無限要素を持つ情報処理システム研究

山口健二
―情報デバイスにおける、乱数を利用した暗号プロトコルに関する研究

2010年度

坂本孝治郎
―IT活用教育支援業務組織における効果的なデータベースの開発と運用方法の検討

庄司香
―新しい統計手法による選挙分析

上田隆穂
―地域振興に関する消費者深層心理調査(テキスト・マイニングの活用)

小山明宏
―情報処理科目としての「企業評価論」の授業の設計・運営に関する日独比較

安部清哉
―『今昔物語集』の訓データベース作成と語彙の基礎的研究

村野良子
―外国人児童の教科学習支援のための教科書コーパスの作成

保坂裕興
―学校アーカイブズにおけるデジタル・アーカイブズの開発に関する基礎的研究

秋山隆彦
―量子化学計算と実験による有機分子触媒反応の機構解明

渡邉匡人
―2相分離液体の表面振動のシミュレーション

熊井信弘
―オンライン英文ライティング添削システムの利用とその評価

入澤寿美
―モンテカルロ法を用いたWebベース結晶成長シミュレータの開発

横山悦郎
―ハンディGPS受信機とGoogleMapsを使った位置情報の記録および共有

久保山哲二
―電子メールの送受信ログによる学内コミュニケーション構造の定性的分析

2009年度

坂本孝治郎
―学習管理システムによる自己学習型マルチメディア教育支援体制の構築

福元健太郎
―選挙の統計分析

中居良文
―「中国学術雑誌全文データベース」に基づく研究・教育資料作成

辰巳憲一
―情報セキュリティとその投資の分析

白田由香利
―多変量解析プロセスのMapleによる表示

和田哲夫
―特許XMLデータの処理スキーム高度化及び分析

渡邉匡人
―高温融体表面のモデルとシミュレーション

秋山隆彦
―量子化学計算と実験による不斉有機触媒の開発−反応機構の探求から精密触媒設計へ向けて

中島匠一
―数式処理システムMapleによる微積分の教育支援

熊井信弘
―LMS(Moodle)における音声促音・再生モジュールの開発とその利用

佐藤陽治
―スポーツ技術の一般化と実践的指導へ応用

入澤寿美
―計算機シミュレーションによる、表面構造の緩和過程

久保山哲二
―高速な文書間類似度計算手法の実装とレポート剽窃検出への応用

浦上大輔
―長時間過分極時のニューロン電位の揺らぎの時系列解析と脳の情報処理における機能的意義

2008年度

坂本孝治郎
―多様化する情報・マルチメディア機器を用いた教育・研究に対する効率的な支援体制の検討

紙谷雅子
―財としての学術情報

和田哲夫
―特許XMLデータに基づく分析用データベースの構築及び活用

渡邉匡人
―高温融体物性計測と液体物性シミュレーションの融合

稲熊宜之
―ペロブスカイト型酸化物蛍光体における異種イオン添加による発光増大機構の解明

水谷明
―数式処理システムによる、複素関数の種々の表示方法の間の変換の研究

熊井信弘
―LMSを利用した外国語ブレンデッドラーニングの実践とその評価

入澤寿美
―二成分固溶体結晶の組成に対するモンテカルロシミュレーションと平均場近似

横山悦郎
―障害のある学生を支援するための情報教育環境の整備に関する調査研究

久保山哲二
―「特許の質の評価への機械学習からのアプローチ」



2007年度

坂本孝治郎
―シンクライアントの性能評価と大規模システムへの導入可能性の研究

紙谷雅子
―「財」としての情報と法

田中伸英
―システムダイナミックスによりベンチャー企業の事業展開の研究

安部清哉
―近世初期の一日本語史資料のデータベース作成

山本政人
―インターネットコミュニケーションが精神発達に及ぼす影響

溝口 正
―SEMAP(Scanning Electron Microscope wite Absorption Polarimeter)の開発

稲熊宜之
―バンドギャップ励起に基づく希土類賦活酸化物蛍光体の合成と発行機構

水谷 明
―楕円曲線の、素数を法とする有理点の研究

入澤寿美
―戦略プログラムを用いた経済ゲームのシミュレーション解析手法の開発

横山悦郎
―教育現場における情報・マルチメディア機器利用の実態と活用促進に関する研究



2006年度

紙谷雅子
―法の認識は普遍化したネットワークによって変わるか

平野 浩
―政治研究におけるシミュレーションおよび実験的アプローチの可能性

安部清哉
―近世初期の一日本語史資料のデータベース作成

篠田 彰
―コンピュータ制御によるラットの記憶実験に関する研究

溝口 正
―AFMによる蛋白質分子の観察

秋山隆彦
―計算化学的手法による不斉合成反応機構の解析

水谷 明
―整数の因数分解の効率の研究

佐藤陽治
―スポーツ競技におけるマルチメディアデータベースの構築とその戦術的応用

熊井信弘
―外国語CD-ROM教材の活用とLMSとの連携に関する研究

入澤寿美
―On the existence of a von‐Neumann‐Morgenstern set defined by weak domination in an exchange model with indivisible goods

横山悦郎
―マルチメディア教材の作成と利用に関する支援体制の考察



2005年度

紙谷雅子
―ネットワーク時代の財産法制の検討

田中伸英
―小売集積問題に関する動学的分析とシステム原型

溝口 正
―スピン偏極STMの開発

秋山隆彦
―理論化学的アプローチによる有機合成反応の機構の解明

水谷 明
―数学的対象のグラフィカルな表示

佐藤陽治
―短期集中型の総合的健康教育が脂質及び免疫系の血液性状に及ぼす影響について

熊井信弘
―Moodleを利用した外国語e-learningシステムの活用および外国語学習用マルチメディア教材開発

入澤寿美
―二成分完全固溶体結晶組成のデータベース構築

横山悦郎
―マルチメディア機器を用いる教材の作成支援に関する考察



2004年度

紙谷雅子
―ネットワーク時代の財産法制の検討

溝口 正
―トンネル顕微分光の解析

秋山隆彦
―化学教育のためのマルチメディアコンテンツの開発

水谷 明
―整数論と微積分へのMapleの応用

佐藤陽治
―免疫機能及び血液性状に及ぼす総合的健康教育の介入効果について -PCを利用した総合的健康教育の効果に関する研究-

熊井信弘
―外部サーバを利用した外国語e-learningシステム構築

入澤寿美
―分子動力学への組み込み可視化モジュールの開発

横山悦郎
―マルチメディア機器を用いての有効な教材についての研究



2003年度

紙谷雅子
―法学政治学教育におけるコンピュータの利用研究

田中伸英
―変化するビジネス環境を生み出す構造のシミュレーション分析

溝口 正
―STM SEMの画像解析技術の開発

秋山隆彦
―新しい化学教育用マルチメディア教材の開発

水谷 明
―数式処理システムの応用

佐藤陽治
―大学生を対象とした生活・運動指導を組み合わせた総合的健康教育に関する実証的介入研究

熊井信弘
―オンライン学習のための外国語マルチメディアコンテンツの開発

入澤寿美
―MPIを用いた並列処理の効果について

横山悦郎
―小集団の活性化を促進するための情報システムの活用について



2002年度

紙谷雅子
―法学政治学教育におけるコンピュータの利用研究

田中伸英
―商店街のWeb利用とそのシステムダイナミックスモデルについて

溝口 正
―LabVIEWを用いた計測システム

秋山隆彦
―化学教育・研究におけるコンピュータの利用の研究

水谷 明
―板の曲げ問題に対する数値解析

佐藤陽治
―テニス競技におけるSAQテストの開発とそのトレーニング効果について

熊井信弘
―オンライン外国語学習システムの構築とその効果に関する研究

入澤寿美
―Intel P4プロセッサーを用いた結晶成長シミュレータの最適化―チューニング

横山悦郎
―依頼対応の効率化と実績評価について



2001年度

紙谷雅子
―法学政治学教育におけるコンピュータの利用研究

田中伸英
―社会科学における非定常過程の数理モデルに関する研究

山本政人
―大学教育における電子メール利用の効用と課題

溝口 正
―Cs/GaAs(110)のSTM,LBH画像解析

秋山隆彦
―化学教育における計算化学の導入の教育効果の研究

佐藤陽治
―テニス競技における解糖系エネルギー供給能力評価のためのフィールドテストの開発

入澤寿美
―学習院コンピュータシステム支援組織を学内に設置した効果についてB