>>> 大学のホームページへ


 学芸員課程トップへ

 学芸員とは

 お知らせ

 履修案内

 利用案内

 証明書

 就職先一覧

 広報誌

 史料館

 資格チャレンジへ

大学と博物館の連携


 学習院大学では、科学技術や美術、歴史などに対する学生さんの関心を高めることを目的として、大学と博物館の連携を行っています。
 学芸員課程開講の「博物館実習」で実習生の受け入れをしていただくほか、
学習院大学のすべての学生の方にご利用いただけるさまざまな特典があることをご存じですか?
 下記の博物館の窓口で学習院大学の学生証を提示すれば、常設展や総合文化展の観覧は何度でも無料になります。
 平成28年度の連携先とその主な特典は下記のとおりです。
 ぜひ、在学中に学生証を活用して、博物館へお出かけください。


学生証で利用できる!
〔連携特典〕


〔TOPICS〕
 ・上野本館で特別展「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」が7/11~10/1に開催。(大学パートナーシップで620円引きで観覧できます)
 ・では企画展「フローラ ヤポニカ-日本人画家が描いた日本の植物-」が9/12~12/3で開催中。(大学パートナーシップで無料で観覧できます)

※国立科学博物館パートナーシップ会員校対象の特典最新情報は、独立行政法人国立科学博物館HPの「大学パートナーシップ」専用ページをご覧ください。



〔TOPICS〕
 ・平成館では日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」が7/4~8/27に開催。期間中、トークショーやBEER NIGHT!などの関連イベントも行われます(キャンパスメンバーズで200円引きの1000円で観覧できます)
 ・本館特別4室・5室では「親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」が7/4~9/3に開催中(キャンパスメンバーズで総合文化展に入場すれば無料)
 ・東洋館では、博物館でアジアの旅「マジカル・アジア」が9/5~10/15に開催中(キャンパスメンバーズで総合文化展に入場すれば無料)
 ・表慶館では特別展「フランス人間国宝展」が9/12~11/26に開催。(キャンパスメンバーズで200円引きの800円で観覧できます)
※東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員校対象の特典最新情報は、独立行政法人東京国立博物館のHP上の「教育」→「キャンパスメンバーズ」のページをご確認ください。(授業・ゼミ・その他、団体でご利用の場合もこちらをご確認ください)



〔TOPICS〕
 ・国立西洋美術館では、企画展「アルチンボルド展」が6/20~9/24に開催。(キャンパスメンバーズで、学生は200円引きの1000円で、教職員は200円引きの1400円で観覧できます)
 ・新国立美術館では、「ジャコメッティ展」が6/14~9/4に開催。(キャンパスメンバーズで、学生は200円引きの1000円で、教職員は200円引きの1400円で観覧できます)
 ・国立近代美術館本館では、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展が7/19~10/29に開催。(キャンパスメンバーズで、学生は300円引きの500円で、教職員は300円引きの900円で観覧できます)
※他にも、割引・無料入館の対象となる展覧会が複数あります。詳細は下記特設サイトをご確認ください。
 国立美術館キャンパスメンバーズ会員校対象の特典最新情報は、独立行政法人国立美術館HPのキャンパスメンバーズ特設サイトをご確認ください。



〔TOPICS〕
 【東京都歴史財団の特別展割引は、毎年度9月1日~2月の間のみ実施されます】  【東京都歴史財団の割引に必要なチラシは、学芸員課程事務室や各学部事務室・学科事務室等で配布中です】  ・東京都写真美術館では、総合開館20周年記念「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」展が7/25~9/24で開催。(常設展とともにパートナーシップで無料)
 ・東京都美術館では、特別展「ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション」が7/20~10/9で開催。(パートナーシップで無料)
 ・公益財団法人東京都歴史文化財団 連携事業 特別展「世界遺産登録記念 ル・コルビュジエと前川國男」が5/30~9/10で開催中。(パートナーシップで無料)
※江戸東京博物館や、たてもの園など、各館の常設展にあたる展示が無料で見られます。
 また、東京文化会館、東京芸術劇場等が主催するコンサートや演劇等の対象公演について、パートナーシップ会員校特別優待割引が発生する場合もあります
 東京都歴史文化財団パートナーシップ会員校対象の特典最新情報は、公益財団法人東京都歴史文化財団HPの「会員校の学生・生徒の皆様のページをご確認ください。



  学芸員課程事務室でも、随時各館の展示や講座の情報パンフレット・チラシを配布しています。
  また、各館から送られて来る研究誌を含む学芸員課程所蔵図書は、現在史料館閲覧室内で閲覧が可能です。
  連携についての詳細は、学芸員課程事務室までお問い合わせください。