経済学部とは
  • 経済学部とは
  • キャンパスライフ
  • 経済学部の教育
    • 経済学部の教育概要
    • 特色のあるゼミ教育
    • 経済学科のカリキュラム
    • 経営学科のカリキュラム
    • 講義内容
  • 教員紹介
  • 就職・キャリアデザイン
  • 留学・国際交流
  • 多彩な制度・設備
  • 在学生の方
  • その他

経済学科のカリキュラム 高度な経済理論と分析方法を学びます

経済理論の修得と少人数ゼミによるその実践。さらに、高度な情報処理能力と国際性の育成によって、バランス感覚を備えた経済人育成を目指す。

教育の方針

経済学科では、数々の経済的問題に対して、それらを正しく理解するために経済理論がどのように役に立つのか、またどのような政策をとれば解決が図れるのか、さらには内外の経済発展の歴史を学ぶことにより将来の問題にいかなる指針を与えられるのか、などについて専門知識を学習し、分析力と応用力を養成することを目指しています。

不況と就職難、人口の高齢化と社会保障、環境問題、国際経済摩擦、海外援助、インフレとデフレ、貯蓄と利子率、株価や円レートの変動、規制緩和と競争促進など、現代社会において経済学的知見から解決を迫られている課題は極めて多いといえます。

日本経済の動向は、いまや我が国だけの話にとどまらず、日本が国際的に大きな影響力を持つにしたがって、先進国、発展途上国を問わず、世界のあらゆる国に大きなインパクトを与えます。日本が世界経済の発展と安定に貢献するために果たすべき役割は極めて大きいのです。逆に世界の動きは日本経済を左右します。

経済学は、このような広範な経済的・社会的な問題に密接に関わりをもつ学問であり、社会の進展に沿いつつ、しかも将来を展望しつつ、社会の発展に寄与するものでなければなりません。

カリキュラムの構成

ミクロ経済学、マクロ経済学、経済政策、統計学、経済史などといった基礎科目のほか、財政学、金融論、国際経済学、国際金融論、産業組織論、労働経済学、証券市場論、日本経済論社会保障論をはじめ各種の応用経済学を講義と演習を通して学ぶことによって、経済学の初歩的な内容の理解から、段階を経てより高度な専門知識と分析力の修得へと着実にステップアップしていくことが可能です。

1・2年は教養、3・4年は専門というように、キャンパス自体も分離されている他の多くの私学とは異なり、意欲さえあれば1年次から専門教育が柔軟に受けられる体制となっています。また、2年次後期から4年次に配当されている演習(ゼミナール)は少人数教育を徹底しており、行き届いた指導のもと、学生たちは各自のテーマにしたがって自主的に研究を行っています。学習面ばかりではなく、教師と学生の人間的な触れ合いを通して人格の育成にも役立っています。

1・2年次

経済学科の1年生にとってもっとも重要なことは、基礎ミクロ経済学、基礎マクロ経済学、統計学入門、経済情報入門I・同IIといった必修科目をマスターすることでしょう。経済学科のカリキュラムは基礎から始めて段階的により上級の、そして応用的な科目を履修するようになっているので、必修科目をマスターしておかないとその後の科目を理解することが難しくなるからです。これらの履修が終わった後、2年次になってからは、応用経済学の基礎的な科目を幅広く学びながら、もっと深く学びたいと思う分野を見つけていきます。多くの開設科目の中から興味をもった分野の科目を体系的・組織的そして積極的に履修すると、卒業時には相当の専門知識と分析力を得ることが可能です。

1、2年次の時に履修すべき科目には、さらに、必修5科目に準じて経済分析技法の基本的な骨格となっている科目があります。それらは経済数学、統計学、計量経済学、経済情報入門IIIあるいは会計総論、などです。これらの科目は経済学を専門に学ぶために開設されているもので、経済学科学生にとっては骨を作るカルシウムにも相当します。

また、商法などの法学分野、経営学総論などの経営学分野は経済学の分析視野を拡げる関連科目として位置付けられ履修がすすめられます。

1・外国語教育

経済学科では経済人として英語力をつける必要性があるという点も重視しています。「外国書購読」という経済関係原書を読む科目以外に、国際化時代に対応して、「英語で学ぶ経済学」が設けられています。少人数クラスで、外国人を含む講師陣によって英語で経済学を学び、様々な経済問題を英語で議論できます。

また、TOIECや英会話に対する独自の補助制度、海外の提携校を通じた留学制度にも力を入れています。

履修の流れ

1・2年次

■ 必修科目をマスターします。

  1. 基礎ミクロ経済学
  2. 基礎マクロ経済学
  3. 統計学入門
  4. 経済情報入門 I・II
1・2・3・4 年次

■ 専門基礎科目により、重要な専門知識を習得し、経済学的考え方を身につけます。

  1. 基礎ミクロ経済学
  2. 金融論
  3. 経済政策
  4. 日本経済論
  5. 産業組織論
  6. 財政学
  7. 公共経済学
  8. 労働経済学
  9. 国際経済論
  10. 国際金融論
  11. 日本経済史
  12. 経済数学入門
  13. 計量経済学 など

■ 専門応用科目により、必修科目・専門基礎科目の知識を使いながら、現実の経済を分析します。

  1. 環境経済学
  2. 社会保障論
  3. ゲーム理論
  4. 証券市場論

などに加えて、「経済学特殊講義」によって多様な分野を学び、経済にアプローチします。

■ 関連科目も履修して、視野を広げ、経済の理解を深めます。たとえば

  1. 経営学総論
  2. 簿記入門
  3. 経営組織論
  4. 商法
  5. 社会心理学
2・3・4年次

■ 専門基礎科目により、重要な専門知識を習得し、経済学的考え方を身につけます。

少人数の演習に参加して、より高度な研究を主体的に行います。合宿や研究発表会、他大学との研究交流会など多岐に渡り活動します。1年生は、入門演習で、先生から直接、大学での勉強法を教わることもできます。

開講科目・担当者一覧

開講科目・担当者一覧
  • 経済学研究科(大学院)
  • 経営学研究科(大学院)
  • 高校生のためのウェブマガジン
  • 入試情報
  • 経済学会
  • GEM
  • G-Port
ページトップへ