経済学部とは
  • 経済学部とは
  • キャンパスライフ
  • 経済学部の教育
    • 経済学部の教育概要
    • 特色のあるゼミ教育
    • 経済学科のカリキュラム
    • 経営学科のカリキュラム
    • 講義内容
  • 教員紹介
  • 就職・キャリアデザイン
  • 留学・国際交流
  • 多彩な制度・設備
  • 在学生の方
  • その他

経済学科のカリキュラム 実務・伝統織りませてバランスよく学びます

経営学科では、専門科目と多彩な関連科目を幅広く開講しています。自らの興味にあわせて学生が主体的に選択できる柔軟かつ工夫に富んだカリキュラムが自慢です。 多岐にわたる経営の専門性と実践的な問題解決能力を修得することができます。

教育の方針

経営学科では、「高い問題解決能力と豊かな創造力をもった人材を育成する」という理念のもとに、現代経営学に関わる基礎的な専門科目とともに情報処理、数量的な分析手法、語学等の授業を充実させています。

特に、問題解決の応用的な能力を高めるとともに、現実の経営問題に対する興味と理解を深められるよう、専門の科目群は、経営の個別分野(生産、マーケティング、財務、人的資源管理など)別に構成された科目群と、現代的な経営問題と有機的に関連づけられた科目群によって構成されています。これによって学生は、社会の現代的なニーズに沿った授業を、自分の興味にあわせて主体的に選択できるようになっています。

なお、問題指向的な専門科目については、学外の第一線の専門家、実務家を積極的に配置し、教育効果の向上を図っています。

カリキュラムの構成

カリキュラムには上で説明した教育方針にそって、大きく(1)経営学の専門基礎と専門応用からなる「専門教育分野」、(2)経営学との関連が深い他学科の専門科目、国際コミュニケーションの科目、その他の経営学を支える広い教養を勉強する科目からなる「専門関連分野」から構成されています。

1・2年は教養、3・4年は専門というように、キャンパス自体も分離されている他の多くの私学とは異なり、意欲さえあれば1年次から専門教育が柔軟に受けられる体制となっています。

1・2年次

「専門基礎」の分野には、1、2年次に履修する必修度の高い科目として、以下の三つの分野からなる科目が設置されています。

(1)新入生が大学4年間で、専門的な勉強を効果的に行えるように指導するゼミ形式の少人数教育の科目(経営入門演習)、(2)基礎的な技術を勉強する実習重視の科目(情報処理、経営科学等)、(3)基礎的な専門知識を勉強する科目(会計総論等)

3・4年次

主に3、4年次に履修する「専門応用」の分野には、現代的な問題分野別に構成された科目を中心に、応用的な専門科目が設置されています。例えば生産の分野では「生産システム」、国際的な分野では「グローバル・マネジメント」、マーケティングの分野では「マーケティング・リサーチ」などです。また教員の個別指導が受けられる、少人数クラスの演習は2、3、4年次に履修できます。

1・外国語教育

学ぶことが可能です。

履修の流れ

1・2年次

■ 3分野からなる「専門基礎」。

必修度の高い科目として、以下の3つの分野からなる科目が設置されています。

  1. 新入生が大学4年間で、専門的な勉強を効果的に行えるように指導するゼミ形式の少人数教育の科目(経営入門演習)
  2. 基礎的な技術を勉強する実習重視の科目(情報処理、経営科学など)
  3. 基礎的な専門知識を勉強する科目(会計総論など)
3・4 年次

■「専門応用」の分野を学びます。

現代的な問題分野別に構成された科目を中心に、たとえば、以下のような応用的な専門科目が設置されています。

  1. 生産システム
  2. グローバル・マネジメント
  3. マーケティング・リサーチ

■ 少人数教育の演習が充実。

教員の個別指導が受けられる少人数クラスの演習は2・3・4年次に履修できます。

開講科目・担当者一覧

開講科目・担当者一覧
  • 経済学研究科(大学院)
  • 経営学研究科(大学院)
  • 高校生のためのウェブマガジン
  • 入試情報
  • 経済学会
  • GEM
  • G-Port
ページトップへ