経済学部の教育
  • 経済学部とは
  • キャンパスライフ
  • 経済学部の教育
    • 経済学部の教育概要
    • 特色のあるゼミ教育
    • 経済学科のカリキュラム
    • 経営学科のカリキュラム
    • 講義内容
  • 教員紹介
  • 就職・キャリアデザイン
  • 留学・国際交流
  • 多彩な制度・設備
  • 在学生の方
  • その他

経済学部の教育概要

学習院大学の経済学部の教育の特徴は、第一に、中規模の私立大学ながら、大規模な私立大学や国立大学に全くそん色のない多数の質の高い講義を開講していることです。

例えば、経済学科では、ミクロ経済学やマクロ経済学、金融論、財政学、国際経済学、労働経済学、計量経済学、経済史といった定番の科目に加えて、ゲーム理論、公共経済学、社会保障論、環境経済学、地方財政論、証券市場論などのやや応用的な科目を配置しています。また、経済学特殊講義として、さらにバラエティーの富んだ個別テーマを教える科目もあり、学生の多様な学習ニーズに応えられるようにしています。

この点は経営学科も同様であり、会計学、簿記、財務会計、経営組織論、マーケティング、システム科学、経営史等の定番の科目のほか、人的資源論、ビジネス・エコノミックス、医療システム論、消費者行動等の応用的な科目が開講されており、幅広く深い学習が可能となっています。さらに広範なニーズに応える個別トピックスを教える経営学特殊講義も多数開講されています。また、情報システムや情報処理、ネットワーク等の情報関連科目も豊富に開講されています。

  • シラバス
  • 経済学科のカリキュラム
  • 経営学科のカリキュラム

第二の特徴として、少人数のゼミナール教育に力を入れていることが挙げられます。ゼミナール(演習)とは、大教室による講義とは異なり、教員と少数の学生が集まって一つのテーマを勉強、討論をして、互いに切磋琢磨する形式の演習学習で、講義による知識の吸収に止まらない深い学習が可能となります。
経済学部の演習は、入門演習・経営入門演習として、なんと1年生のうちから始まります。その後、2年生演習、3年生演習、4年生演習と各学年においてゼミナールに所属して勉強ができると言う他大学には無い理想的な環境が整っています。

  • 演習一覧
  • 特色のあるゼミ教育

第三の特徴は、グローバル時代に対応するために語学教育が充実していることです。一般の外国語科目として、20人から30人程度の少人数の英語科目が配置されているほか、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、朝鮮語、アラビア語とさまざまな言葉を少人数教育で学ぶことができます。

また、専門科目として、「英語で学ぶ経済学」、「英語で学ぶ経営学」が開講されており、ネイティブスピーカーによる英語のみの授業を受けることができます。さらに、専門的なテーマに対応した「外国書講読」が多数開講されており、経済学、経営学のさらに深い専門科目を英語で学ぶことが可能となっています。また、TOEIC などの資格支援や、外部の語学学校と提携して休み期間中に「英語集中プログラム」を開いているほか、海外の提携校を通じた留学制度にも力を入れています。

  • 経済学研究科(大学院)
  • 経営学研究科(大学院)
  • 高校生のためのウェブマガジン
  • 入試情報
  • 経済学会
  • GEM
  • G-Port
ページトップへ