経済学部の教育
  • 経済学部とは
  • キャンパスライフ
  • 経済学部の教育
    • 経済学部の教育概要
    • 特色のあるゼミ教育
    • 経済学科のカリキュラム
    • 経営学科のカリキュラム
    • 講義内容
  • 教員紹介
  • 就職・キャリアデザイン
  • 留学・国際交流
  • 多彩な制度・設備
  • 在学生の方
  • その他

特色のあるゼミ教育

魅力ある地域づくりを学生と進める 奥能登プロジェクト

本州から日本海に突き出た能登半島のほぼ先端にある、能登町。マーケティングの専門家である上田隆穂教授は、同町をきっかけに奥能登地域の活性化をゼミ活動で進めている。

経営学科 上田 隆穂ゼミ

社会保障の課題を学ぶ 日本社会の現実に直面

経済学科の鈴木亘教授は、経済学の視点から長年、社会保障を研究している。社会保障や社会福祉制度が抱える課題を知るため、学生たちとともに、生活困難者が多く住む地区でゼミ合宿を毎年続けている。

経済学科 鈴木 亘ゼミ

菓子パン新商品作りで学ぶ 実践マーケティング

学生が製パン会社とのコラボで菓子パンの新商品開発に取り組み、本物のマーケティングを学んでいく。コンセプトが採用されれば、実際に商品として店頭に並ぶ。

経営学科 青木 幸弘ゼミ

学生たちの心を動かした ボルネオでのボランティア

眞嶋史叙教授のゼミでは2012年8月、ボルネオ島北部の山村、ブアイヤン村でボランティア活動に取り組んだ。学生たちはこの活動を通じてまた一段と成長したようだ。

経済学科 眞嶋 史叙ゼミ
  • 経済学研究科(大学院)
  • 経営学研究科(大学院)
  • 高校生のためのウェブマガジン
  • 入試情報
  • 経済学会
  • GEM
  • G-Port
ページトップへ