加藤 耕義(KATO, Kogi)

専門分野 グリム、ドイツ語圏民間伝承、ドイツロマン派文学
略歴 1963年生まれ
学習院大学文学部ドイツ文学科卒業
学習院大学人文科学研究科博士前期課程修了
学習院大学人文科学研究科博士後期課程単位取得退学
学習院大学文学部ドイツ文学科助手
1998年より学習院大学外国語教育研究センター 専任講師
現在、学習院大学外国語教育研究センター 教授
主要実績

1998年
「ハンス・ザックスとグリム兄弟 KHM 147 「焼かれて若返った小男」を例に」
学習院大学文学部研究年報(第44輯)

1999年
「正体露見とタブー違反 -日本の昔話とドイツのメルヒェン・ザーゲ-」
日本独文学会 ドイツ文学 第102号

2001年
「ハンス・ヴィルヘルム・キルヒホーフとヴィルヘルム・グリム」
学習院大学ドイツ文学会研究論集第5号

2002 年
「昔話の主人公 ―グリムのメルヒェン集と日本昔話の比較の試み―」
『昔話研究の地平 小澤俊夫古稀記念論文集』所収

2004 年
「ルートヴィヒ・アゥアバッハーとヴィルヘルム・グリム ―『青少年のための本』から『子供と家庭のメルヒェン集』へ 」
外国語教育研究センター『言語・文化・社会』第2号所収

2005 年
「Zur Rezeption des japanischen Märchen in Deutsdchland. A.B. Mitfords Bearbeitung von "THE ELVES AND THE ENVIOUS NEIGHBOUR" 」
学習院大学ドイツ文学会研究論集第 9号

2006 年
「Das einzige japanische Märchen, das Wilhilm Grimm kannte.」
外国語教育研究センター『言語・文化・社会』第4号所収