小野 泰教(ONO, Yasunori)

専門分野 中国近代思想史
略歴
1981年 佐賀県生まれ
2004年3月 東京大学文学部卒業
2006年3月 東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了
2011年3月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学
2011年4月 東京大学大学院人文社会系研究科助教
2013年4月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(学位取得)
2016年4月 学習院大学外国語教育研究センター准教授
主要実績

孫詒譲「墨子後語」の儒墨論争観
(『東洋史研究』第73巻第3号、2014、第25回蘆北賞・奨励賞(一般財団法人橋本循記念会)を受賞)

郭嵩燾の政治思想――誠意・慎独・絜矩を中心に――
(『孫文研究』第51号、2012)

清末士大夫の見た西洋議会制――いかにして理想の君民関係を築くか
(小島毅編『アジア遊学151 東アジアの王権と宗教』勉誠出版、2012)

郭嵩燾の『荘子』解釈――郭象「自得」「独化」への批判とその背景――
(『日本中国学会 第一回若手シンポジウム論文集 中国学の新局面』、2012)

咸豊期郭嵩燾の軍費対策――仁政、西洋との関連から見た――
(『中国――社会と文化』第26号、2011)

再論湖南戊戌変法――湖南巡撫陳宝箴与時務学堂、南学会
(鄭大華・黄興濤・鄒小站主編『戊戌変法与晩清思想文化転型』北京:社会科学文献出版社、2010)

陳宝箴と黄遵憲の官僚制観――湖南変法運動の諸相――
(『中国哲学研究』第24号、2009)

郭嵩燾・劉錫鴻の士大夫観とイギリス政治像
(『中国哲学研究』第22号、2007)

『勧誡社彙選』について――アヘン貿易反対協会と勧誡社
(『言語・文化・社会』 第15号、2017)