大澤 顯浩(OSAWA, Akihiro)

専門分野 中国近世史(明清時代の社会史・出版文化史)
略歴
1981年 京都大学文学部史学科卒業(東洋史学専攻)
1982年 京都大学大学院文学研究科修士課程入学
この間 中国留学(北京大学歴史系)
1990年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程学修退学
1999年4月 学習院大学外国語教育研究センター助教授
2005年4月 学習院大学外国語教育研究センター教授
主要実績

編著

『東アジア書誌学への招待』第1巻、第2巻
(東方書店、2011)

共編

『学習院大学所蔵明刊本図録』
(学習院大学、2015)

『肇域志』の成立-明末経世学の一側面-
(『東洋史研究』50-4、1992)

「詞章之学」から「輿地之学」へ-地理書にみえる明末-
(『史林』76-1、1993)

地理書と政書-掌故のあらわした地域-
(『明末清初の社会と文化』京都大学人文科学研究所、1996)

姜詩-出妻の物語とその変容-
(『東洋史研究』60-1、2001)

明代出版文化中的「二十四孝」-論孝子形象的建立與発展-
(『明代研究通訊』第五期 2002)

瑞典王立図書館の漢籍について (『言語・文化・社会』2、2004)

啓蒙と挙業のあいだ-伝統中国における知識の階層性-
(『東洋文化研究』7、2005)

地理学史上の明末-衙門の地図と山水図式地図の系譜-
(『言語・文化・社会』8、2010)

「地理学」 (『中国歴史研究入門』名古屋大学出版会、2005)

『地球韻言』について -清末の地理認識とその表現-
(『中国における「近代知」の生成』東方書店、2007)

善書の文脈 -伝承の生成と知識の階層性-
(『山根幸夫教授追悼記念論叢 明代中国の歴史的位相』汲古書院、2007)

東アジアにおける陽明学-第Ⅱ部 学習院大学所蔵漢籍からみる東アジア-
展示図録監修(学習院大学東洋文化研究所、2008)