HOME > 学生紹介



提出論文題目

【博士前期課程】

・酒井抱一の草花図研究及び尾形乾山研究の変遷
・19世紀フランスにおける人工的な新たな光源
・「戦国合戦図屏風」の研究
・粟生屋源右衛門研究
・植民時期、日本画壇と朝鮮画壇の交流‐土田麦僊と崔根培を中心に
・磁州窯系瓷器研究
・江戸時代後期 茶の湯における名物観に関する研究
・日本近代絵画史における歌川国芳一派の美人画研究
・明治期以降の錦光山宗兵衛作品の意匠について
・ヤーコプ・ファン・ライスダール研究
・杉戸絵研究
・東山時代における書院や座敷の飾り
・楽宗入の楽茶碗研究
・鎌倉時代の慶派仏師肥後定慶とその師弟関係を含めた周辺仏師の研究
・マックス・エルンストのコラージュ
・円山応挙筆「保津川図屏風」研究
・アルチンボルド研究
・夏珪長巻式山水画とその様式の中国と日本における展開
・アングル研究
・琉球の厨子における美術史的考察
・ペトゥルス・クルトゥスの絵画における国際性
・美術と写真 印象派からベーコン、リヒター、ホックニー、シャーマンまで
・初期チェッコリ研究―倉敷民藝館蔵《文房図屏風》を中心に―
・シモーネ・マルティーニの初期フレスコ画研究―アッシジ サン・フランチェスコ聖堂 サン・マルティーノ礼拝堂壁画を中心に――

【博士後期課程】

・江戸時代前期における肥前磁器の研究
・江戸琳派の作風形成とその変化について
・静岡県指定文化財「富士参詣曼荼羅」研究
・漳州窯からみる桃山時代の茶の湯
・近世源氏絵における場面選択と物語表象
・「朝鮮写し」から見られる日本陶磁の象嵌技法
・ヘリット・ダウの批評史とその背景
・四季耕作図研究
・津田青楓の図案
・海北友松研究
・19世紀フランス絵画における洗濯物の表現
・ファン・ゴッホ研究
・寒山拾得図
・相阿弥の大仙院瀟湘八景図における雲山図の図様
・明治・大正期における美術批評家ジョン・ラスキンの受容史