専攻の特色


 学習院大学大学院には7専攻課程があります。しかし、20世紀後半から、そうした個別化した専攻では十分に扱いきれない学問の領域が明らかになってきました。それを私たちは「身体表象文化」と名づけ、その領域を横断的に研究する専攻課程を創始しました。

 19世紀的な学問の中心にあるのはテクスト(文献、言葉)です。しかし、現代文化は表象(イメージ)抜きでは論じることができません。20世紀に発展した映画、アニメーション、マンガなどの芸術は、現代文化のなかに巨大な位置を占めていながら、これらを互いに関連づけ、先行する演劇など表象芸術の新たな展開として研究する場所がほとんどありませんでした。私たちの「身体表象文化学専攻」はその空白を埋める学問の場所です。

 また、生身の役者が世界を表象する演劇、スターの身体が魅力的に映しだされる映画、キャラクターが時空を超えて活躍するマンガ・アニメーション。これらはすべて身体とイメージを重要な出発点とし、現代のメディア環境や産業にまで大きな影響を及ぼしています。そこではいったい何が起こっているのか?「身体表象文化学専攻」は、この、実感としては分かっているが学問的には未知の領域の探究に乗りだそうとしています。

 そして、言葉と理性の絶対化からは見えてこないイメージや身体の文化的可能性について、研究の基盤を提供することも本専攻の目的のひとつです。そのために、身体表象文化の歴史や理論も深く学んでいきます。この遠大な目的のために、本専攻はさまざまな分野で活躍する一流の研究者を揃えました。学生の皆さんもその連係のなかに飛びこんで、現代文化の最先端と本質を自分自身の身体と頭脳でとらえてほしいと思います。

 身体表象文化学は舞台芸術、映像芸術、マンガ・アニメーションを対象とし、イメージ媒体として身体が作り上げてきた文化的意味を問い直す新しい学問領域です。本専攻では、舞台芸術、映像芸術、マンガ・アニメーションという領域を言語、地域、専攻領域を超えて、身体と関わる文化学として有機的に組み合わせ、より幅広く、より深く学べることが本専攻の特色です。したがって演劇、映画、マンガ・アニメーションに関心のある方で、これらの対象を身体と関わる文化背景から研究してみたいという方には最適の専攻です。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

授業風景 舞台芸術文化論演習  ティエリ・マレ教授
「舞台芸術文化論演習」では、古代ギリシャ・ローマから18世紀まで、代表的な喜劇作品を取り上げます。戯曲の邦訳を読むだけでは感じ取れない、台詞に隠された言語的な魅力を学び、マレ教授の熱意溢れる演技指導の下で、喜劇とは何かを探ります。写真はアリストファネス『鳥』の実践ワークショップ。

授業風景マンガ・アニメーション芸術文化論演習 夏目房之介教授
「マンガ・アニメーション芸術文化論演習」は、学生たちの発表と議論、講読など、学生中心のゼミです。自主的にプレゼンテーションを行い、学生同士で討議し、発言の積極性、説得力、コミュニケーション能力の向上を目指します。その過程で論文を書くための分析、構成、表現能力をお互いに高めていきます。未踏の研究領域を相互の刺激と研鑽で発展させる自主性が重要です。




専攻紹介





〒171-8588東京都豊島区
目白1-5-1北2号館6階631室 
学習院大学 人文科学研究科
身体表象文化学専攻
Tel:03-5992-1404


開室時間
平日: 10:00~11:30
     12:30-18:00
土曜: 9:00~12:30