史学専攻 専攻紹介

次へ(留学)>

授業案内

 史学専攻の開設する大学院授業はすべて博士前期課程・後期課程に共通で、同じ授業を履修することになります。専任教員がそれぞれ担当する演習の他、専任教員および非常勤講師の担当する特殊研究および古文書学文献学研究・史学理論史学史研究があります。

 演習の内容は講読ないし研究発表で、各分野における基本的な研究能力を涵養する授業として運営しています。特殊研究は演習とは異なった狙いで、ある時代の実態に迫るための基本的な史料利用の技能、または、新しい着目点や手法を身につけるための授業として運営しています。

 特定の分野に焦点を当てる演習・特殊研究とは異なって、全時代・分野にまたがる横断的な科目として、古文書学文献学研究・史学理論史学史研究を設定しています。2008年度には、古文書学文献学研究は最先端の研究手法に触れることを意図して歴史学研究とデジタル情報処理との関係、電子史料学をテーマとして運営しています。また、史学理論史学史研究は研究史の整理と自己の研究の位置づけを明確にするための科目として運営しています。

 史学専攻の開設科目のほかに、他の専攻の開設する科目、人文科学研究科が各専攻共通科目として開設している授業も履修することができます。


2016年度の授業内容

<演習の担当者と内容>
日本古代史 鐘江宏之 『日本三代実録』講読
日本中世史 家永遵嗣
『吉田家日次記』講読
日本近世史 高埜利彦 日本近世史研究
日本近代史 山口輝臣 日本近代史研究を深める・拡げる
東洋古代史 鶴間和幸 嶽麓書院蔵および北京大学蔵竹簡の講読
東洋近代史 武内房司 清代日記研究
西洋古代史 島田誠 ラテン語書簡の講読
西洋中世史 亀長洋子 西洋中世史史料研究
西洋近代史 中野隆生 西洋近現代史研究の視座と方法

<特殊研究の担当者と内容>
本郷恵子  
仁藤敦史 弘仁格の復元的研究
西村慎太郎  
鶴間和幸 中国古代史研究の課題
武内房司 明治期日本人の中国旅行記を読む
木村誠 朝鮮古代史料の研究
鍋谷郁太郎 第一次世界大戦とドイツ社会の変貌

<古文書学文献学研究・史学理論史学史研究>
古文書学文献学研究 宮崎康充  
史学理論史学史研究 北村暁夫  

<各専攻共通科目の担当者と内容>
言語学特殊研究 西村義樹  
ギリシア・ラテン文学特殊研究 古澤香乃 『イーリアス』における戦闘場面
上級古典語〔ギリシア語〕 岡野利津子 古典ギリシア語講読
上級古典語〔ラテン語〕 木村茂 アウグスティヌス『告白』講読
漢語原書講読 王瑞来  
アカデミック・ライディング K.マクファレン  
国際文化学特殊研究 市来弘志  
国際文化学特殊研究 荒川正明 東アジアの陶磁史
国際文化学特殊研究 赤江雄一  
国際文化学特殊研究 西山暁義  
比較文学特殊研究 南條竹則 東西の幽霊
教育学演習T 山ア準二  
教育学演習U 宮盛邦友 ホリスティック教育のために
教育特殊研究T 斉藤利彦 持続可能性の教育の内容と方法
教育特殊研究U 岩ア淳  

次へ(留学)>

トップへ