HOME > 教員スタッフ紹介 > 平井 花 助教

教員スタッフ紹介

平井 花 助教 感情心理学  

<主要著書・論文>
「大学生の日常生活における感情経験を生起させる出来事の分類―楽しさ・悲しみ・怒り・嫌悪感に関する出来事について―」(2013). 学習院大学人文科学論集22, 163-183.
「大学生の日常的な感謝感情および感謝された経験と他者志向的達成動機」(共著)(2014). 学習院大学文学部研究年報60, 159-175.
「運帰属と努力帰属に関する実験的研究」(共著)(2017). 学習院大学文学部研究年報63, 89-101.
「主観的感情特性尺度の作成―基本感情に基づく感情特性尺度の信頼性・妥当性の検討―」(2017). 人文15,83-97.


<研究分野>
 研究分野は感情心理学で,「感情制御(emotion regulation)」をテーマに研究を行っています。私たちは様々な感情を感じながら,日々の生活を営んでいます。悲しい出来事があったり,怒りを感じることがあると,落ち込んだり,嫌な気分になりますが,人はそれらの感情をただ感じるままに受け入れるのではなく,その感情を調整して,気分を良好に保とうとする力も持っています。このような感情を調整する力・機能を「感情制御」といいます。
 感情制御の方法としては,物事に対する見方を変える“再評価”や,感情を表に出さないようにする“抑制”,好きなことをして気分転換をする“気晴らし”等があります。状況に応じた対処法を用いながら,私たちは自分の感情を調整していますが,これらの方法が必ずしも良い効果や結果を生み出すとは限りません。そのため,研究の中で感情制御の機能・効果を明らかにし,人にとって良い感情制御の在り方を見つけられればと考えています。

ページトップへ戻る