教育内容・教員紹介 - 在学生の声

予習や授業を通して法曹に必要な基本的知識と能力を身につける

中屋 竜博
中屋 竜博

 一般に法科大学院での勉強は授業の予習が中心になるかと思われますが、本学の先生方は司法試験に精通している方が多いため、学生は、授業で出される予習課題をしっかりとこなしていくことにより必然的に法曹に必要な基本的知識を身につけることができます。また、本学には研究者教員だけでなく、実務家教員、非常勤講師の方にも著名な先生がたくさんいらっしゃいます。このような著名な先生方から熱心に指導していただけるということは、授業に対するモチベーションになっていると感じます。


 授業は少人数の対話形式のものが多く、授業では質問が何度も回って来ます。そこでは、基本的知識の確認から予習段階で検討していない事項まで様々なことが聞かれるので、その質問に対して自分の言葉で解答することにより、知識の定着を図ったり、その知識を活用して未知の問題に対して自分の考えを述べたりすることが出来るようになります。つまり、法曹に必要な知識、思考力、表現力といったものを身につけるための訓練を普段の授業を通しておこなうことができると感じます。

 また、本学では必修科目である法文書作成指導のほか、法実務講座(修了生の弁護士の方々による論文式問題の起案や解説等の学習指導)、定期試験の過去問を集めた冊子(問題を作成した先生の講評付き)なども用意されており、法曹にとって重要な文書作成についても、非常に熱心に指導していただけます。


 学習面以外では、エクスターンシップはもちろん、最高裁判所見学、裁判傍聴、刑務所参観、検察官体験プログラムなどの企画が用意されており、様々な体験をすることができます。特に最高裁判所見学や裁判傍聴の際に、最高裁の裁判官や傍聴した事件を担当した裁判官の方から直接お話を伺うことできたのはとても貴重な体験でした。