学習院大学 国際研究教育機構Global Exchange Office for Research and Education.

機構の紹介

スタッフ紹介

福島?恵

≪前のページに戻る

福島?恵

略歴
1997年4月 清泉女子大学文学部文化史学科 入学
1999年3月 中国・北京大学留学(~2000年2月)
2001年3月 清泉女子大学文学部文化史学科 卒業
2001年4月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士前期課程 入学
2003年3月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士前期課程 修了
2003年4月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程 入学
2008年3月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程 単位取得 退学
2008年4月 学習院大学PD共同研究員(~2011年3月)
2009年3月 博士(史学)学位取得(学習院大学)
2011年4月 清泉女子大学非常勤講師(現在に至る)
2011年4月 学習院大学EF共同研究員(~2013年3月)
2012年4月 学習院大学非常勤講師(現在に至る)
2013年4月 学習院大学国際研究教育機構客員研究員(現在に至る)
2014年4月 日本学術振興会特別研究員[RPD 早稲田大学](現在に至る)
研究領域

東西交渉史、中国唐代史

主要業績
著書

『東部ユーラシアのソグド人―ソグド人漢文墓誌の研究―』汲古書院,2017.2

論文
  • 「唐代ソグド姓墓誌の基礎的考察」『学習院史学』第43号,2005.3,pp.135-162
  • 「唐代的粟特人与“東亜海”交流」『中国史研究』(韓国)第46輯,2007.2,pp.65-76
  • 「?賓李氏一族攷―シルクロードのバクトリア商人―」『史学雑誌』第119編第2号,2010.2,pp.35-58
  • 「「安元寿墓誌」(唐・光宅元年)訳注」『ソグドからウイグルへ』森安孝夫編,汲古書院,2011.12,pp.141-174
  • 「「洛陽景教経幢」と洛陽のソグド人―「感徳郷」はソグド人聚落か―」『ソグド人の東方活動に関する基礎的研究 平成21-24年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書』研究代表:森部豊(関西大学文学部・教授)2013.3,pp.83-104
  • 「唐の中央アジア進出とソグド系武人―「史多墓誌」を中心に―」『学習院大学文学部研究年報』第59輯,2013.3,pp.27-54
  • 「東アジアの海を渡る唐代のソグド人」『東アジア海文明の歴史と環境』鶴間和幸・葛剣雄編著,東方書店,2013.3,pp.119-136
  • 「北朝隋唐期におけるソグド人の東方移住とその待遇―新出墓誌史料を中心に―」『唐代史研究』第16号,2013.8,pp.6-37
  • 「長安・洛陽のソグド人」『アジア遊学:ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』森部豊編,勉誠出版,2014.8,pp.140-160
  • 「隋唐期における墓誌史料の研究基盤情報の統計分析」『学習院大学国際研究教育機構研究年報』第2号,2016.2,pp.164-179
  • 「絲綢之路青海道上的粟特人?从看“康令惲墓誌”?州西平康氏一族?」『絲綢之路上的粟特人』栄新江・羅豊主編、2016.6,pp.116-131(海外書籍、中国語)
  • 「唐代における景教徒墓誌―新出『花献墓誌』を中心に―」『唐代史研究』第19号、2016.8,pp.42-76
論文(共著)

惠多谷雅弘・鶴間和幸・中野良志・村松弘一・小林次雄・吉田愛・福島恵「多衛星データを用いた秦帝国の空間的考察」『学習院大学国際研究教育機構研究年報』第3号,2017.2,pp.89-112

研究報告書
  • 『隋唐期における墓誌史料の研究基盤情報の整理と分析』平成23~27年度科学研究費補助金若手研究(B)研究成果報告書,(研究代表:福島恵)2016.2
書評・学界動向
  • 「荒川正晴著『オアシス国家とキャラヴァン交易』」『唐代史研究』第8号,2005.8,pp.87-90
  • 「堀敏一著『東アジア世界の形成―中国と周辺国家』」『唐代史研究』第11号,2008.8,pp.95-102
  • 「新刊紹介:石見清裕著『唐代の国際関係』」『史学雑誌』第118編第11号,2009,11,pp.120-121
  • 「回顧と展望(内陸アジア1)」『史学雑誌』第119編第5号,2010.5,pp.253-258
  • 「書評:荒川正晴著『ユーラシアの交通・交易と唐帝国』」『東洋史研究』第70編第4号,2012.3,pp.61-69
  • 「新刊紹介:曽布川寛・吉田豊(編)『ソグド人の美術と言語』」『内陸アジア史研究』第26号,2012.3,pp.91-92
翻訳
  • 葛剣雄「移民から見た黄河下流域の外向傾向の変遷」『黄河下流域の歴史と環境―東アジア海文明への道―』学習院大学東洋文化研究叢書,鶴間和幸編著,東方書店,2007.2,pp.9-12
  • 鄒怡「一三九一~二〇〇六年の龍感湖‐太白湖流域の人口の推移と湖の堆積物との呼応関係」鶴間和幸・葛剣雄編著『東アジア海文明の歴史と環境』鶴間和幸・葛剣雄編著,東方書店,2013.3,pp.499-539
調査報告
  • 「鬱陵島・韓半島東海岸地域調査記」『歴史教育論集』(韓国)第41輯,2008.8,pp.523-532
  • 「河西回廊調査記」『遼金西夏史研究会 News Letter』(4),2012.1,pp.14-17
  • 「調査墓誌釈文・解題(2)」『ソグド人の東方活動に関する基礎的研究 平成21-24年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書』研究代表:森部豊(関西大学文学部・教授),2013.3,pp.136-148
共同訳注

ソグド人墓誌研究ゼミナール

  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(1)固原出土「史射勿墓誌」(隋・大業六年)」『史滴』第26号,2004.12,pp. 51-72
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(2)固原出土「史訶耽夫妻墓誌」(唐・咸亨元年)」『史滴』第27号,2005.12,pp. 153-183
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(3)固原出土「史道洛夫妻墓誌」(唐・顕慶三年)」『史滴』第28号,2006.12,pp. 103-119
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(4)固原出土「史鉄棒墓誌」(唐・咸亨元年)」『史滴』第29号,2007.12,pp. 81-103
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(5)固原出土「史索巌墓誌」(唐・顕慶三年)」『史滴』第30号,2008.12,pp.213-237
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(6)固原出土「史索巌夫人安娘墓誌」(唐・麟徳元年)」『史滴』31号,2009.12,pp.157-18
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(7)固原出土「史道徳墓誌」(唐・儀鳳三年)」『史滴』32号,2010.12,pp.58-83
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(8)太原出土「虞弘墓誌」(隋・開皇十二年)」『史滴』33号,2011.12,pp.205-237
  • 「ソグド人漢文墓誌訳注(9)西安出土「安伽墓誌」(北周・大象元年)」『史滴』34号,2012.12,pp.138-158
作品紹介
  • 『大兵馬俑展―今、甦る始皇帝の兵士たち―』鶴間和幸監修,産経新聞社,2004.8
  • 「唐武人俑」・「唐男性俑」・「唐女性俑」『百聞ハ一見ニ如カズ―旧制学習院歴史地理標本室移管資料』学習院大学史料館編,D_CODE,2013.3,pp.13-15
学会報告
  • 「唐代ソグド人の存在状況とその時代層―墓誌史料を中心に―」第102回史学会大会,2004.11.14,於東京大学
  • 「唐代ソグド姓墓誌の分類とその扱い方」第42回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会),2005.7.18,於長野県信濃町藤屋旅館
  • 「唐代的粟特人与東亜細亜交流」第7回(第51回学術報告会)韓国中国史学会大会,2006.6.10,於韓国釜山大学,中国語
  • 「唐中期の賜姓ソグド人」第7回遼金西夏史研究会大会,2007.3.24,於関西大学
  • 「賜姓ソグド人李元諒の事迹―ソグド姓墓誌の使用例として ―」東洋文庫内陸アジア出土古文献研究会平成19年度6月例会,2007.6.16,於東洋文庫
  • 「漢文墓誌からみる唐代ソグド人―李抱真を例に―」第25回学習院大学史学会大会,2009.6.6,於学習院大学
  • 「洛陽景教経幢」と洛陽のソグド人について―張乃?「洛陽景教経幢与唐東都“感徳郷”的胡人聚落」を中心に―」第40回中央アジア学フォーラム,2010.12.4,於大阪大学
  • 「墓誌史料より見たソグド人の東方移住の経路について」2012年度唐代史研究会夏期シンポジウム,2012.8.20,於神奈川県箱根町強羅静雲荘
  • 「シルクロード青海の道上のソグド人?「康令惲墓誌」を中心に」第7回東アジア石刻研究会,2014.7.26,於明治大学
  • 「絲綢之路青海道上的粟特人?从看“康令惲墓志”?州西平康氏一族?」第二届絲綢之路国際学術討論会“粟特人在中国:考古発現与出土文献的新印証”,2014.8.13、於中国寧夏銀川柏悦酒店,中国語
  • 「唐代における景教徒墓誌―新出「花献墓誌」を中心に―」2015年度唐代史研究会夏期シンポジウム,2015.8.18,於早稲田大学
  • 「唐前半期における馬の域外調達―宦官「劉元尚墓誌」を中心に―」学習院大学国際研究教育機構国際シンポジウム古代東アジア都市の馬と環境,2016.1.23,於学習院大学
  • 「唐代バクトリア人羅姓墓誌の基礎的考察」2016年度内陸アジア史学会,2016.11.5,於駒澤大学「唐代ソグド人の存在状況とその時代層―墓誌史料を中心に―」第102回史学会大会,2004.11.14,於東京大学

≪前のページに戻る

ページの先頭へ↑