学習院大学 国際研究教育機構Global Exchange Office for Research and Education.

機構の紹介

スタッフ紹介

金 耿昊

≪前のページに戻る

金 耿昊

略歴
2003年3月 横須賀市立横須賀高等学校普通科 卒業
2003年4月 東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻 入学
2007年3月 韓国・ソウル市立大学校人文大学国史学科 交換留学
2008年3月 東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻 卒業
2008年4月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程 入学
2010年3月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程 修了
2010年4月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程 入学
2017年3月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程 修了
研究領域

日本近現代史、朝鮮近現代史、在日朝鮮人史

研究業績
論文
  • 「解放後神奈川県地域における朝鮮人生活権運動の展開」(『在日朝鮮人史研究』第38号、2008年)
  • 「解放後の在日朝鮮人運動における生活保護適用要求の台頭」(『在日朝鮮人史研究』第40号、2010年)
  • 「戦後日本社会における朝鮮人生活保護受給「問題」の形成に関する一考察」(『在日朝鮮人史研究』第43号、2013年)
  • 「戦後日本社会における生活保護制度の形成と在日朝鮮人」(『人民の歴史学』第198号、2013年)
  • 「戦後日本における在日朝鮮人生活保護「問題」の現在と過去」(君島和彦編『近代の日本と朝鮮』、東京堂出版、2014年)
  • 「1950年代前半における在日朝鮮人生活保護受給者の急増とその背景」(『在日朝鮮人史研究』第45号、2015年)
  • 「戦後日本における在日朝鮮人の生活困窮問題と「地域」」(『歴史評論』794号、2016年6月)
資料集
  • 『在日朝鮮人資料叢書8 在日朝鮮人生活保護資料 全2巻』(緑蔭書房、2013年)

≪前のページに戻る

ページの先頭へ↑