学習院大学 国際研究教育機構Global Exchange Office for Research and Education.

機構の紹介

スタッフ紹介

丸亀?裕司

≪前のページに戻る

丸亀?裕司

略歴
2004年3月 東洋大学文学部史学科 卒業
2004年4月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士前期課程 入学
2007年3月  同 修了
2007年4月 学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程 入学
2015年3月 博士号(史学)を取得し、修了
2015年4月 学習院PD共同研究員(現在に至る)
研究領域

古代ローマ史

主要業績
論文
  • 「紀元前53年度コンスル選挙―共和政末期ローマにおける選挙の一具体例として―」『学習院史学』第46号、2008年。
  • 「共和政末期ローマの公職選挙における選挙支援者―divisorとgratiosusをめぐって―」『史学雑誌』第120編2号、2011年。
  • 「独裁官カエサルと公職選挙―カエサルの権限とその行使をめぐって―」『西洋史研究』新輯41号、2012年11月。
  • 「公職選挙に見るローマ帝政成立」(学習院大学博士学位請求論文)。
学会報告
  • 「『選挙運動備忘録Commentariolum Petitionis』に見る共和政末期ローマの選挙」学習院大学史学会第23回大会、於学習院大学、2007年6月16日。
  • 「選挙買収に見る共和政末期ローマの選挙」第36回白山史学会総会、於東洋大学白山キャンパス、2007年6月23日。
  • 「金銭分配人に見る共和政末期ローマの選挙」第106回史学会大会(公益財団法人史学会)、於東京大学本郷キャンパス、2008年11月9日。
  • 「公職就任者の立場から見たカエサル時代の公職選挙」日本西洋史学会第61回大会、於日本大学文理学部キャンパス、2011年5月15日。
  • 「アウグストゥス時代の公職選挙」歴史学研究会西洋古代史部会定例会、於東京大学本郷キャンパス、2013年12月7日。
  • 「ティベリウスの帝位継承と公職選挙」学習院大学史学会第30回大会、於学習院大学、2014年6月14日。

≪前のページに戻る

ページの先頭へ↑