harbin_geore_001:哈爾賓全景


古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)

写真撮影の位置


harbin_geore_002:哈爾賓埠頭區新市場

 現在の道里区にあたる。

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)

写真撮影の位置


harbin_geore_003:〔ハルビン〕チユーリンデバート

 チューリンには「秋林《の字を充てる。秋林株式会社は、哈爾浜にはキタイスカヤ、馬家溝の2支店、それ以外には、神戸、大連、奉天、四平街、新京、斉斉哈爾、吉林、海拉南、黒河、安東、錦県、漠河、鷗浦、金山領、三河地方などに支店を持つ。

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)

写真撮影の位置


harbin_geore_004:キタイスカヤ街

 松花江までまっすぐに続く旧中国人街で、現在は中央大街と呼ばれる。ロシア統治時代に建てられた西洋風の街並みが続く。ここにチューリンデパートなどがあった。現在も哈爾濱を代表するショッピング街である。

写真撮影の位置


harbin_geore_005,006:モストワヤ街

 

写真撮影の位置


harbin_geore_007:松浦百貨店屋上ヨリ松花江鐵橋方面ヲ望ム

  「松浦百貨店《は、キタイスカヤ街(004参照)にある、角を正面にした4階建ての重厚な建築である。「松浦商會《「松浦洋行《とも呼ばれた、高級デパートであった。
 また、松花江は黒竜江(アムール川)の支流でスンガリーともいう。松花江鐵橋は、ロシアが哈爾濱に鉄道を乗り入れるために作られた鉄橋であり、街のランドマークである。

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)

写真撮影の位置


harbin_geore_008,027,031,034:松花江(スンガリー)

 松花江は黒竜江(アムール川)の支流でスンガリーともいう。松花江鐵橋は、ロシアが哈爾濱に鉄道を乗り入れるために作られた鉄橋であり、街のランドマークである。

写真撮影の位置


harbin_geore_009:ハルピン傅家旬第一の繁華なる街(正陽街)

 傳家旬の北に位置する街で、傳家旬で最も賑わっていた。

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)

写真撮影の位置


harbin_geore_010,011:傅家甸

 現道外区。松花江に面する。傅氏兄弟がこの地に商店を開いたことに由来する傅家店が、1908年に同音の傅家甸に改称された。
 この地区には、中国人の店が軒を連ねていた。また、1910年代に市街の拡張が図られ、1930年代には、街の区割りが大きく変わっている。

写真撮影の位置


harbin_geore_012:哈爾濱 衛成病院

 

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)
■■
写真撮影の位置


harbin_geore_013,028:忠霊塔

 

写真撮影の位置


 
 

古絵葉書(表)

古絵葉書(裏)