大学図書館プライバシーポリシー

  1. ホーム
  2. 大学図書館プライバシーポリシー

大学図書館プライバシーポリシー

基本方針

学習院大学図書館では、「個人情報の保護に関する法律」を遵守し、更に本院の定める「学習院における個人情報の保護の方針」及び本院の内部規定である「学習院個人情報保護規定」に基づき、個人情報については細心の注意と最大限の努力を持って保護、管理に当たることを基本とします。

個人情報の取り扱いについて

1 個人情報の定義

個人情報とは、ここでは、「個人情報の保護に関する法律」第2条第1項に定めるものを指します。また、第2項以下で定義される、個人データ及び保有個人データもその範囲に含まれます。

2 個人情報の取得について

現在、大学図書館における個人情報の取得方法には、以下の2種類があります。

  1. 学内の他部署から提供される個人情報(間接的)
  2. 利用者が提出する各種申請書類等による個人情報(直接的)
    このようにして取得された個人情報は、以下の目的のために使われます。

3 個人情報の利用目的について

  1. 利用者への各種のサービス提供のため
  2. 利用者への連絡・確認等の手段のため
  3. 図書館経営の管理運用及び改善のため

本学図書館では、個人情報を上記の目的達成のために必要な範囲でのみ収集し、利用しています。また、利用者の方々に別途個人情報を提供していただく場合には、事前にその使用目的を明示し、 利用者個人の同意を必ずいただくようにしています。

4 個人情報の第三者への提供について

  1. 利用者本人に連絡が取れない場合、その代替手段として
    1. ① 実家または保証人への電話(固定・携帯)、電子メールまたはFAXによる連絡
    2. ② 学内他部署または研究室等への連絡
  2. 図書館相互協力(ILL)で他大学図書館館や他機関への連絡が必要な場合
    1. ① 文献複写の依頼・確認
    2. ② 資料の受発注
    3. ③ 紹介状発行

個人情報に関するその他の事項について

図書館で公開する報告書または資料等で、個々の利用者を特定できるような情報は本人の同意がない限り公表することはありません。また、入館管理業務においても、個々の利用者を特定できるような情報(データ)の取得はしておりません。

平成19年4月1日 学習院大学図書館