学習院大学図書館

お知らせ

大学図書館セミナー「美人の正体、ハンサムの正体 ~外見的魅力の研究から~」開催のお知らせ

セミナー 2017.10.06

このたび、大学図書館セミナーを下記の通り開催いたします。
テーマは「外見の魅力」!奮ってご参加ください。

大学図書館セミナー「美人の正体、ハンサムの正体 ~外見的魅力の研究から~」

日にち
2017年11月10日(金)
時間
14:50~16:00
場所
中央教育研究棟-507教室
講師
越智啓太先生(法政大学文学部心理学科教授・学習院大学非常勤講師)
定員
最大70名
※定員を超えた場合は立ち見となることがあります
申込
不要(当日参加可)

講演概要

 美人とはそもそもどういう人でしょうか、また、ハンサムとかイケメンとはどういう人でしょうか。この問題は、研究するに値しない「くだらない」問題であるとか、「外見にこだわるやつにろくなやつはいない」などといわれて、長い間、科学的にはあまり研究されてきませんでした。しかし、現実には我々は美人タレントにめろめろになったり、ハンサムな同級生に一目惚れしたりしているほか、恋愛に関する悩みの多くも「俺はなぜ一重まぶたなのか」のような外見にかかわる問題です。つまり、この問題は我々にとってかなり重要な問題である可能性があるのです。そして、最近、この問題について多くの研究者が真剣に研究した結果、様々な驚くべき現象が明らかになってきました。今回のレクチャーではその研究の一端をさまざまなビジュアル資料を駆使しながら解説していこうと思っております。

講師紹介

越智啓太

1965年横浜市生まれ、学習院中等科、高等科、学習院大学、大学院をへて、警視庁科学捜査研究所入所、心理学を使用した犯罪捜査支援の研究に従事、その後、東京家政大学をへて、現在、法政大学文学部心理学科教授。
専門は犯罪心理学でおもに犯人の行動の予測などの捜査支援技術についての研究を行っています。この技術をそのまま恋愛に応用して、恋愛の進展や告白成功の予測の研究や外見的魅力の研究を趣味でやっていましたが、最近では、こちらの研究のほうをむしろ熱心にやっております。「美人の正体」以外には、「恋愛の科学(実務教育出版)」などの著書があります。

※ポスターはこちら → セミナーポスター

トップへ戻る