学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

法学部についてFACULTY OF LAW

法学部の特徴

法と政治を学ぶことは、人間と社会を理解することにつながります。
学習院大学法学部では、実践的な学びを通し、高度な問題発見・分析能力と豊かな人間性を備え、社会で大きく活躍する人材の育成を目指しています。

1.伝統を活かし未来を見据えた教育

皇族・華族の教育機関として1847(弘化4)年から歴史をスタートした学習院は、戦後新制大学として広く一般に門戸を開き、世界に通用する人材を育成してきました。
グローバル化が進み地球規模の視点を身につけることが必要となった今、伝統を活かしながら未来を見据えた教育を実践するため、さらなる進化を目指しています。

2.最新の教育設備を備えた学びの森

緑豊かな学習院大学のキャンパスは、17万㎡の校地に7つの国登録有形文化財建造物と最新の教育設備が共存する学びの森です。
約67万冊の蔵書を誇る学部専用「法経図書センター」や「パソコンスペース」などを活用して勉学に励みながら、サークル活動をはじめとするキャンパスライフを楽しむことができます。

3.教員と学生の距離が近い少人数教育

法と政治の仕組みを、少人数教育を通じて深く学ぶことができます。教員と学生の距離が近いので、コミュニケーションも良好です。学生同士のつながりも強く、お互いに切磋琢磨し合える環境です。

4.グローバルに活躍できる人材育成

留学制度
海外で見聞を広め、幅広い人間性を身につける
学習院大学では、広く国際社会で活躍できる人材の育成を願って、海外留学制度や、留学のための奨学金を設け、在学中に海外の大学や語学学校へ留学を希望する学生を応援しています。
TOEIC® IPサポート
英語のスキルアップを図るための受験サポート
法学部では、英語力の向上を目指す学生を積極的にサポートするため、TOEIC®団体特別受験制度(Institutional Program)による試験を実施しています。学部からの補助により、法学部の学生は1,000円にて学内で受験できます。
5大学単位互換制度
より幅広い学修と交流の機会を提供する
学習院大学・学習院女子大学・日本女子大学・立教大学・早稲田大学の5大学は、本部キャンパスが近接している環境を活かして、直接、他大学の授業に参加することのできる学部レベルでの単位互換制度(f-Campus)を設置しています。