学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

入試・奨学金Admissions & Scholarship

入試情報

*2018(平成30)年度入試についての情報です

 入学試験を受ける際には事前に各要項をよくお確かめの上、お手続きください。

一般入試

 一般入試はWeb出願のみの受付となります。

学習院大学の一般入試は「2回」チャンスがあります。

ほぼ同じ科目でコア試験・プラス試験の両方を受験することができるため、同じ学部を2回受験できます。

コア試験

学部試験の
コアとなる試験日です

募集
人員
法学科 150名
政治学科 120名
試験
科目
国語、外国語、地歴・公民/数学

プラス試験

他学部のコア試験日に実施
法学部のコア試験と併願できます

募集
人員
法学科 15名
政治学科 15名
試験
科目
国語、外国語、地歴・公民(地理を除く)/数学

こんな受験も可能です(2018年入試の例)

法学部
コア試験
法学部
プラス試験(経済学部コア試験と同日)
  • 法学部のプラス試験は、経済学部のコア試験と同日に、経済学部のコア試験と共通の試験問題により実施。
  • 法学部のプラス試験の「地歴・公民」は地理を除きます。
注意事項
  • ※同日に実施するコア試験とプラス試験を併願することはできません。
  • ※法学部、経済学部、文学部のコア試験では、出願時に、第一志望学科のほか、同じ学部内の他学科を第二志望学科とすることができます。
  • ※プラス試験では全学部とも、出願は第一志望学科のみとなります。
  • ※検定料はコア試験とプラス試験、それぞれ一学部35,000円です。
  • ※補欠繰上について、コア試験では、全ての学部において、各学部ごとに合格者の入学手続締切後、手続者が予定数に満たなかった場合、補欠を上位から順に繰上げ合格とします。プラス試験では、国際社会科学部のみ、コア試験と同様に繰上げ合格を行います。

その他の入試

指定校推薦入学 法学科政治学科

 本学が指定した高等学校に対して行う入学制度です。
 全学部全学科で実施しており、指定校は毎年見直しを行い、選定しております。
 各学部学科ごとに独自の推薦基準を採用しており、各高等学校長から推薦された生徒に対して、書類選考を行い、入学者を決定します。
 指定校の依頼通知は、7月上旬に全国の各高等学校長宛に送付します。
 指定校推薦に関する受験生からの個別の質問は、受け付けておりませんのでご了承ください。

自己推薦特別入学試験 政治学科/5~10名程度

 本学法学部政治学科では、優れた英語能力を有し政治学科で学ぶ高い意欲をもつ多様な学生を広く積極的に受け入れる目的で、「自己推薦特別入学試験」を実施します。これは、一定の英語能力を備えていることを出願要件とし、英文読解に基づく小論文と面接によって合否を決定する入学試験です。
 政治学科には英語教育を重視するFTコース(特別選抜コース)があり、優れた英語能力と高い意欲をもつ学生が、入学以後その潜在能力を最大限生かせる機会を提供しています。本自己推薦特別入試は、FTコースに進学する意欲がある学生がこれを活用することを期待するものでもありますが、自己推薦特別入試による入学はFTコース進学を保証するものでも強制するものでもありません。

海外帰国入学試験 法学科/若干名政治学科/5名程度

 本学では、海外での生活・就学の経験を持つ生徒を積極的に受け入れることで、学生の構成を多様化して学部の活性化をはかるとともに、社会で貢献できる幅広い人材を育成していくことを目的として、「外国高等学校出身者」および「海外帰国生徒」を対象に、優秀な生徒を選抜するための特別の入学試験制度を設けています。

編入学試験 法学科/若干名政治学科/若干名

 学士の資格を有する者または出願の年度の3月までに学士の資格を取得する見込みの者で、本学第3年次に入学を志願する者には、学部の定めるところにより選考の上、入学を許可することがあります。


 入試についての最新の情報は「学習院大学 入試情報ページ」をご覧ください。