学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

卒業生の一日に密着Graduates

法学部法学科 1985年卒業

石渡 久代 Hisayo Ishiwata

株式会社国際協力銀行
企画部門
法務・コンプライアンス統括室
金融法務課
専任主任

大学時代の先生の教えが今でも心の支えとなっています

 私が日本輸出入銀行(現:国際協力銀行)に入行したのは、男女雇用機会均等法が施行される前の年でした。営業サポート的な業務を14年ほど経験した後に、念願の法務部門に異動することができました。それ以来、契約書関連業務や国内外の法制情報収集などに携わっています。
 在学中は、現在法科大学院の教授でいらっしゃいます神田秀樹先生に商法を教えて頂きました。当時は新進気鋭の先生でしたが、30年経って会社法改正の行内担当の一人になった時、先生の最新の著書を頼りに取り組めたことは大きな自信と力になりました。
 また、所属した民法ゼミの故遠藤浩先生は、卒業間際、皆に「長い人生は暗い夜道を一人で歩いてゆくようなものだが、自分でこれと決めたものを提灯として決して消さず、それを頼りに歩いていけばいいのだ」という話をして下さいました。法律とは関係ない仕事をしていた時期も、時折この言葉を思い出しながら「法律に関心を持つ」という私の小さな提灯を消さずに来たので、今の仕事があるのだと感謝しています。

石渡 久代さんの一日

START

  • 8:50

    出勤

    メールの確認。
    法改正速報、法務関係のセミナーの案内や新刊図書等の情報収集。

  • 10:00

    庶務事項の処理について、同僚の相談を受ける。

  • 11:00

    他部署からの法律相談を社内弁護士につなぐ。打ち合わせに同席する。

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    法律事務所から受け取った相談明細書を確認して返信する。

  • 14:00

    最近、弁護士に相談した内容を整理し、課内に回覧する。

  • 16:00

    参加したセミナーのメモを作成する。

  • 17:10

    帰宅

学習院大学法学部で良かったこと

 一番は法律の考え方の基礎を学べたことだと思います。法律の勉強をまとまってしたのは学習院大学での4年間だけですが、多くの著名な先生方に授業で丁寧に教えてもらえたことで、法的素養の土台ができ、論理的思考が身に付けられたことが、社会人になってから大変役立っていると強く思っています。