学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

卒業生の一日に密着Graduates

法学部法学科 1997年卒業

佐藤 香織 Kaori Sato

鳥飼総合法律事務所
弁護士
国立千葉大学法科大学院
講師(租税法)

優秀な先生について法律の奥深さを学べる学校

 高校生の時に、資格を持って働く仕事に就こうと考えて、弁護士になろうと考えました。当時、法科大学院はまだありませんでしたので、司法試験が唯一の法曹への道でした。そこで、いろいろ調べたところ、学習院大学法学部法学科には六法全書の編者をなさった先生がいると知り、それなら間違いないだろうと考え進学しました。
 入試で初めて目白のキャンパスを訪れましたが、その第一印象は「きれいな学校」でした。都心とは思えない落ち着いた雰囲気は、仙台出身の私にとって違和感のない場所でした。
 大学の4年間はとても楽しく、学友にも恵まれました。今でも年1回、後輩の司法試験合格祝いに学習院卒の法曹が集まる会があるほか、卒業生が集まる会もたびたびあり、絆の強さを感じます。
 卒業して2年後、司法試験に合格し、2000年に弁護士登録。翌年から今の事務所に所属しています。今は主に企業法務、そして税金に関する案件を取り扱っています。税法には縁がなかったのですが、仕事を通して携わるようになり、今では、解釈の幅があまりないはずの税法にも解釈の余地があるところに面白みを感じています。その縁もあり、千葉大学法科大学院で講師として租税法を教えることもしています。

佐藤 香織さんの一日

START

  • 9:00

    出勤

  • 10:00

    顧問先①訪問。

  • 12:30 ごろ

    ランチ

  • 14:00

    顧問先②訪問。

  • 16:00

    顧問先③訪問。

  • 18:00

    事務所に戻り、仕事を行う。

  • 22:00

    帰宅

学習院大学法学部で良かったこと

 法律はとても奥深いもの。最初は分からなくても、途中であきらめずに、何度も何度も繰り返し学ぶことで分かってくるものです。その基礎を学ぶことができたのが法学科の4年間でした。高校生の時に学習院大学を選んで本当によかったと、今でも思っています。