学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

卒業生紹介Graduate

It's my job.

法学部政治学科 (FTコース) 2010年卒業

多胡 遼太郎

MC Aviation株式会社
民間航空第三部

課長(三菱商事株式会社より出向中)

Ryotaro Tako

大学生当時、多胡は航空部でグライダーに熱中していた。大空に魅せられ、将来は航空の分野で就職できたら…とまで思うようになっていた。少しでも航空事業に関連した企業にと入社したのが三菱商事だった。
しかし、最初の配属は不動産金融関連の部門で、経理・投資先の管理部門。政治学科出身の多胡は計数の経験がない。将来、事業を行っていく上で必要となる「経理に関する知識やスキルを身につけたい」と配属面談の際に伝えたからだった。約2年後には営業に配属されるという期限付きで、ひたすら数字の読み方や扱い方を吸収していった。
とはいえ、航空事業部へ配属される確証はない。そこで、折を見ては、関係者へ「航空事業に携わりたい思い」を伝えたのだと言う。それが功を奏してか、入社2年半を過ぎた頃、航空関連の子会社の立ち上げに参加するよう命が下る。航空機用エンジンをはじめとした海外製航空機関連製品を輸入して国内のエアラインなどに販売するのである。
だが、最近では日本へ拠点進出している海外メーカーもあり、単にモノを右から左に流すだけでは顧客に満足してもらえない。顧客に付加価値を見出してもらうべく、新たな仕掛けづくりに日々挑戦している。また、「今後は海外製品を輸入するだけでなく、日本発の製品の輸出や、新たに航空業界に参入する企業の育成や支援にも軸足を置かなくてはならない」と多胡はいう。
日本製の機体や航空素材が注目を集める今、日本の航空業界はターニングポイントを迎えている。多胡はその新たな1ページを記すべく、これまでにないビジネスモデルの確立を目指し、今日も仕事に取り組んでいる。

多胡 遼太郎さんの一日

START

学習院大学法学部で良かったこと

もともとグローバルな仕事がしたかったので、英語力を磨くためにFTコースを選択しました。欧米の大学への留学を前提としたコースなので、海外でのコミュニケーションに必要な英語を学べて、実践的なのがありがたかったですね。FTコースに入っていなければ、今のように海外と仕事は出来なかったかもしれません。
それに、教授との距離の近さはFTコースならではだと思います。名前で呼んでもらえるほど親しくしていただき、教授ご自身の経験談を色々なタイミングで聞かせていただいたことから、多くを学ばせて貰いました。少人数ゼミ形式(15人程度)でカリキュラムが進められていくので、理解を深めるには最適な条件といえると思います。
また、カリキュラムの一環で様々な場所に社会見学で行けたことも貴重な体験でした。政界や学界の最前線で活躍されている方のお話を聞くだけでなく、民間企業の方々も訪問し、やりがいや業務について伺うことを通じて、自分自身のキャリアについて考える機会をいただきました。
社会人になる前に様々な経験を積めるのもFTコースならではです。

INDEX