学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

法学科Department of Law

ゼミレポート

国際法演習阿部 克則 教授

 この授業では、国際法模擬裁判を行うことによって、リーガルマインドを養成すること、および、グループ作業やプレゼンテーションを行うための能力を高めることを目的としています。国際法模擬裁判は、出題者によって設定された架空の国際紛争を題材にして、原告国・被告国の間で裁判の勝敗を争う法廷ゲームです。国内外の大学で幅広く行われ、大学間対抗の模擬裁判大会も行われています。最終的には学習院大学チームとして、それらの大会への参加を目指します。

国際大会もある「国際法模擬裁判」

 私の担当する国際法演習では、国際法模擬裁判を行っています。国際法模擬裁判とは、架空の国際的な事件の2つの紛争当事国が、国際裁判所で対決するものです。ゼミの学生は、いずれかの紛争当事国の「代理人」となり、自分の国を弁護する役割が与えられます。弁護士は、通常は「依頼人」を法廷で弁護しますが、国際法模擬裁判では、「国家」を代表して、その法的主張を国際法廷で代弁することになります。模擬裁判というと、あらかじめ台本がある演劇のようなものを思い浮かべる方も多いと思いますが、国際法模擬裁判はそうではなく、シナリオのない、勝敗を争う真剣勝負です。学生の法的主張を審査する裁判官役の人がいて、勝敗を決定しますので、国際法模擬裁判では、学生同士の熱い戦いが繰り広げられます。このような国際法模擬裁判は、もともとはアメリカのロースクールの教育方法として始まったもので、現在では世界規模での大会が毎年開催されています。日本でも国内予選が行われ、そこで選ばれた日本代表チームは、アメリカで行われる国際大会に出場します。実は私自身も、学生時代に国際法模擬裁判をやっていて、国際大会にも出場しました。そのときの経験から、学習院大学法学部でも、国際法の教育方法として取り入れています。

知識と論理的思考を駆使して裁判に挑む

 国際法模擬裁判の魅力は、国家の代表として、国際法を駆使して自国を弁護するというスケールの大きな臨場感があるところです。法律の勉強では、基礎知識の習得が不可欠であり、講義科目がたくさんありますが、学生にとっては一方的に講義を聞くだけになり、どうしても受け身になりがちですが、国際法模擬裁判では、講義で学習した知識を総動員して、学生が主体的に法的主張を構築していくので、とてもポジティブで、実践的な学習を行うことになります。大学に入学したころの私は、法律科目というのは六法全書を記憶するだけのあまり面白くないものだと思っていましたが、大学一年生の時に国際法模擬裁判に参加する機会があり、国際法を実際に「使う」ことを体感し、すっかり国際法や他の法律科目の勉強が楽しくなりました。模擬裁判で勝つためには、講義で勉強する基礎知識が重要であることもわかったので、講義も真剣に聞くようになったのです。私のゼミ生の人たちにも、そういう相乗効果を実感してもらいたいと思っています。

協調性とプレゼン能力、コミュニケーション能力も身につく

 国際法模擬裁判のメリットは、法律の勉強という面だけではありません。模擬裁判を行うときは、学生は2つのチームに分かれ、紛争当事国、すなわち原告側の国、または、被告側の国のいずれかに所属することになり、チームとして、自分たちの法的主張を組み立てていきます。これはチームワークが必要な作業であり、協調性が鍛えられます。チームメートである他の学生とは、共同して様々なリサーチを行い、何回も議論しながら、一つの主張を構築していきますので、協調性とともに論理的な思考力も身につきます。さらに、国際法模擬裁判では、裁判官役の人たちの前で「法廷弁論」も行いますので、プレゼンテーション能力も要求されます。裁判官役になるのは、大学教授や外交官、弁護士などの専門家の人たちですので、学生の弁論に対して、様々な質問をしてきますが、その質問に上手く答え、裁判官を説得できれば、模擬裁判に勝つことができます。そのため、法廷弁論の前に、学生は想定問答集を作り、何度も弁論の練習をして本番に備えます。そうした準備をして、国際法模擬裁判をくぐり抜けた学生は、高いプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力が身についていますので、就職活動の面接などはむしろ簡単だと感じるようです。
 このように国際法模擬裁判は、国際法を「使う」面白さが感じられるとともに、様々な能力も身につくという一石二鳥の教育方法だと思います。ぜひみなさんも、学習院大学法学部の国際法演習で、国際法模擬裁判を楽しんでください。

この演習に参加した理由は?

 国際関係や国際問題に元々興味があり、実際に国際問題を規律するツールとしての国際法を、模擬裁判という実践的な環境の中で学びたいと考えたからです。また2年次に受講した「特設演習」で、実際に模擬裁判を体験し議論することが楽しかったこともあり、このゼミに決めました。
 模擬裁判では、最近の国際問題に即した事例について論じることもあります。判例が十分にない最先端の国際問題を、論文等を読みながら、国際法を使って自分の考えを深めていけるところに楽しさを感じています。今まで漠然と見ていた国際問題のニュースも、ゼミに入ってからは、国際法的な視点で考えることも多くなり、視野が広がったと感じています。
 将来は、自分の英語力や知識を使って、多様な価値観を持つ人々と協力しながら、国際社会の発展に貢献することを目標に、成長していきたいです。

この演習のオススメはここ!

 国際問題という大きなテーマについて考え、相手に伝える過程で、深い論理的思考力や説明力を身につけることができます。また模擬裁判での上位入賞に向けて、チームで協力してやり遂げる充実感、さらに、少人数のゼミなので、下級生であっても、準備書面作成や弁論において活躍する機会が多いのも魅力です。先輩後輩も仲が良く、和気あいあいとしている点も後輩の皆さんにオススメしたいです。

先生に一言!

 授業は理論的でわかりやすいですが、情熱的で一人一人をよく見て下さる先生です。心はホットで頭はクールです!

法学科3年(取材当時)
山岡 由佳Yuka Yamaoka