学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

大学院紹介Graduate School

政治学研究科

政治学研究科・博士前期課程では、今日における社会の多様化、高度化、グローバル化に対応して、幅広い分野における調査・分析・政策立案などの高度な実践的能力を有し、今後の社会において指導的役割を果たすことのできる人材の育成を目指しています。

政治学研究科オフィシャルサイト

政治学研究科の特長

1.優秀なスタッフと人材育成の実績

政治学研究科は、「スクール・オブ・ガバメント」の理念を掲げて出発した政治学科の伝統を受け、リベラルかつ学際的・実証的な学風のもと、優秀な研究者及び高度な専門的知識を持った職業人の育成に努めています。その特色として、スタッフの質的・量的な充実があります。政治学研究科の陣容は、大きく分けて日本政治・行政研究、国際政治・地域研究、政治思想史・公共哲学研究、社会学・メディア研究の4つの分野から構成されています。それぞれの第一線で活動する教員による授業と研究指導を通じて、人材育成における堅実な実績を積み上げてきました。

2.総合性と実践を重視した博士前期(修士)課程

政治学研究科では、政治を中心としながらも学際的な調査・分析などの実践的能力を有し、指導的役割を果たせる人材の育成を目指し、特に博士前期(修士)課程に多様な科目を設置しています。「日本政治・政策研究コース」、「国際関係・地域研究コース」、「社会・公共領域研究コース」と3コースの専門科目を置いたほか、論理トレーニングやプレゼンテーション、統計分析や政策評価などをも設置し、様々な問題の調査・分析、解決策の立案・設計・実施などに関わる総合的な能力を育てることを目指しています。

3.充実したインターンシップと海外研修プログラム

企業、シンクタンク、政治家事務所などにおけるインターンシップの経験を「実務研修」として単位認定しています。また、アメリカ、オーストラリアの大学と提携し、希望者に対して、最長一年間の海外留学や夏期休暇を利用した英語研修を助成しています。

4.広がる卒業後のフィールド

政治学研究科では、専門的な研究者に加えて、高度な知識能力を習得した実務家の養成を大きな目標としています。政治学・行政学・国際関係論・社会学などを幅広く学び、同時にリサーチの手法を身につけることが基本です。そうした訓練を経て、大学や研究機関をはじめ、官公庁、ジャーナリズム、金融機関、商社など、様々な分野で一流の職場に進んでいます。

教員からのメッセージ

政治学科教授
遠藤 薫
Kaoru Endo

政治学研究科では、グローバル化の時代に適合した「学際性」と「専門性」を身につけることができます。政治学研究科は、「日本政治・政策研究コース」「国際関係・地域研究コース」「社会・公共領域コース」の三つのコースから構成されています。みなさんは、自分が最も関心のあるコースを選択し、専門力をつちかうことができます。同時に、コースをまたいだ多様な授業を履修することで、幅広い視野を獲得し、多分野をつないだ新たな問題解決能力を養うことができます。 政治学研究科では、グローバル化時代に求められる「情報解読能力」「情報発信能力」「コミュニケーション力」を高めることができます。日本語、英語による「文献講読」、世界に発信するための「プレゼンテーション演習」、国内外の研究者や実践家を招いての活き活きしたディスカッション、などがみなさんの基礎的能力をつくってくれるはずです。 そして政治学研究科では、一流教授陣による、他大学では望めないような個人的指導と、計画的なリサーチ・プログラムによって、みなさんをサポートします。短期留学や、語学留学の支援も行っています。 政治学研究科は、みなさんが自らを発見し、自らを高め、世界に大きく羽ばたくための素晴らしいジャンプ台となるでしょう。

大学院生からのメッセージ

青木 遥

政治学研究科・修士2年(取材当時)
青木 遥
Haruka Aoki

少人数のため、所属ゼミの教授や指導教官でなくても、研究指導をしてもらえる環境があるため、自らの研究を多角的に見直し、修正する機会に恵まれています。教授と1対1の研究指導や少人数での授業、研究発表の場など、研究を深めるための環境が整備されています。研究を進めることが大学院生の本分ではありますが、「自分の研究とは関係のないことだから」と切り捨てるのではなく、様々なものに触れることで自分自身を見つめ直すことにつながり、さらには研究に良い影響を与えることが多々ありました。大学院は、自らの専門性を高めると同時に、多様な価値観に触れられる場所だと思います。