学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

教員メッセージMessage from Professors

平野 浩

政治学科 教授
平野 浩
Hiroshi Hirano
専攻:社会心理学

出身地
大阪府
最終学歴
学習院大学大学院・政治学研究科・博士後期課程修了/政治学博士
所属学会
日本政治学会、日本選挙学会、日本社会心理学会、American Political Science Association
研究テーマ
政治意識・政治行動と政治過程、選挙分析、政治心理学の理論
担当科目
社会心理学Ⅰ・Ⅱ、社会心理学演習ほか

心理学で解き明かす政治の世界

私の専門は「政治心理学」というちょっと耳慣れない分野です。政治学科で心理学?と思われるかもしれませんが、この政治心理学、政治を分析し理解する上で実に多くの、そして重要な洞察を与えてくれるものなのです。
なぜでしょうか。どのような政治現象でも、それを細かく見ていけば、様々な行為者(アクター)がそれぞれの目標を達成しようと、お互いに影響を与え合いながら、協力したり競争したりしている様が浮かび上がってきます。言い換えれば、政治現象とは、社会を構成する個々のメンバーの意識や行動が「積分」された結果として生ずるものです。
従って、「なぜ政権交代が起こったのか」、「なぜ今後のエネルギー問題に関して政策的な対立が生ずるのか」、「なぜ隣国との間に摩擦が生まれるのか」といった様々な疑問に答えようとするならば、人々がどのような理由でどのようなことを考え、どのようなメカニズムでどのような意思決定を行っているのかを知る必要があります。
そしてそのための強力な道具が政治心理学─心理学の理論や方法で政治の世界を解き明かそうとする試み─です。そこでは調査、実験、シミュレーションなど多彩な方法によって、人々の政治意識や政治行動の実態が実証的に明らかにされていきます。
最近では「ニューロ・ポリティックス」という脳神経科学の最先端の理論や方法を使ったチャレンジングな研究も始まっています。
ここ何年かの私の研究の中心は、大規模世論調査のデータに基づく、有権者の投票行動の研究です。そこでは「なぜある人々はA党に投票したいと思い、別の人々はB党に投票したいと思うのか」、「それは日本の社会や経済のあり方、また他国との関係のあり方についての、その人達の考え方とどのように関連しているのか」といった疑問に答えることが目的となります。
ですから調査の質問も、単に投票したい候補者や政党について聞くだけではなく、有権者が現在の日本の社会や経済の状況をどのように見ているのか、様々な政策的な争点についてどのような意見を持っているのか、さらにはどのような価値観を持ち、どのような組織や集団に所属し、どのようなメディアと接しているか、といった一見選挙とは直接関係が薄いように見える事柄についても質問していきます。
そうした膨大なデータを様々なモデルを作って分析することにより、今日の日本の有権者が何を考え、またどのような方向に向かっているのかが見えてくるのです。私の授業で、そのエッセンスに是非触れていただきたいと思います。

著書・論文紹介

  • 『有権者の選択:日本における政党政治と代表制民主主義の行方』
    (木鐸社、2015年)

    政権交代を挟んでの有権者の投票行動の分析を通じて、日本における政党政治と代表制民主主義のあり方を考察しています。

  • 『現代の政党と選挙〔新版〕』(共著)
    (川人貞史、吉野孝、平野浩、加藤淳子著、有斐閣、2011年)

    第8章「選挙民の中の政党:政党支持」、第9章「投票行動と政党」を担当。現代の政党と選挙に関する理論、研究動向を解説したテキスト。特に「新制度論」的な視点を重視して、政党支持や投票行動の理論やモデルを解説しています。

  • 『〔新版〕アクセス日本政治論』(共著)
    (平野浩、河野勝編著、日本経済評論社、2011年)

    第9章「選挙」、終章「日本政治の今後」を担当。「なぜ日本の政治は現在あるようなものなのか」という問いに答えることを目的として編集したテキスト。2009年の政権交代を受けて、日本政治の現状や今後の動向などについて解説しています。

  • 『変容する日本の社会と投票行動』
    (木鐸社、2007年)

    大規模な選挙世論調査のデータを分析することにより、21世紀初頭の日本における有権者の投票行動の実態とその変容過程を明らかにしようとしたものです。