学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

教員メッセージMessage from Professors

櫻井 敬子

法学科 教授
櫻井 敬子
Keiko Sakurai
専攻:行政法

出身地
千葉県
最終学歴
東京大学大学院
法学政治学研究科(法学博士)
所属学会
日本公法学会、日本財政法学会、警察政策学会
研究テーマ
行政法の現代的課題
担当科目
行政法

行政法はおもしろい

行政法というのは、ちょっと不思議な科目です。一応、法律科目ということになっているのですが、民法や刑法のように「行政法」という名前の法律はありません。現代においては、行政は様々な活動をしますが、行政の活動にはその根拠となる法律がある場合が普通なので、行政に関わる法律はたくさんあり、法律の数としては1900本にも上ります。
山でハイキングをしようと思えば、有名なところはたいてい国立公園とか国定公園となっていますが、これは自然公園法という法律によってエリアが決められ、種々の規制がかけられています。ハイキングした後に温泉に入れば、温泉には温泉法という法律があり、成分の検査や衛生面の管理をすることとされています。ジュースを飲むと、ジュースには100%果汁とか、無果汁などの表示がありますが、これは景表法によって、業者には一般消費者に対して情報提供が求められていることからなされています。家を建てようとする場合も、自分の家だからといってどんな家を建ててもいいわけではなく、建物として最低限度の安全性を備えた家でなければならないとされており、建築基準法により「建築確認」という行政の承認を得ることが必要です。これらは全部、行政法です。
行政法というのは、ひとことで言うなら、個々の法律そのものを扱いながら、多数の法律の背後にある「ものの考え方」や各種制度の骨格を形作る基本理論を扱う専門科目である、ということができます。そのため、ほかの科目に比べると、行政法は、抽象的で観念的な側面があることは否定できません。
もっとも、行政法には、人間がこの世の中で生きていくにあたって思いのほか役に立つ、実利的な側面もあります。公務員志望なので好き嫌いにかかわらず勉強するという人もいると思いますが、ふと見渡せば、あなたの一生は行政法で彩られていることに気がつくはずです。人間は、生まれたときは出生届、住民になったら住民登録、結婚したら婚姻届というように、様々な場面で役所の窓口に赴かなければならず、行政と無関係でいることはできない相談です。行政法が役に立つということの意味は、行政に関わる膨大な数の法律は「行政法理論」を基礎として作られているので、行政法理論を学んでしまえば、これらの法律のおおまかな仕組みはすでに知っているのと同じだということです。
行政法を学ぶ意味を少しわかっていただけたでしょうか。それでは授業でお目にかかりましょう。

著書・論文紹介

  • 『行政法〔第5版〕』
    (共著、弘文堂、2016年)

    行政法のスタンダード・テキスト。在学中は、これで勉強すれば行政法はばっちりです。

  • 『行政法のエッセンス〔第1次改訂版〕』(学陽書房、2016年)
    『行政救済法のエッセンス(第1次改訂版)』(学陽書房、2015年)
    『行政救済法』(共著、弘文堂、2015年)

    行政法ワールドのおもしろさが分かります。1年生・2年生向け。

  • 『行政法講座』(第一法規、2010年)
    『行政法講座2』 (第一法規、2015年)

    行政の実態と著者の本音が語られる。高学年になったら、あるいは卒業前に読みたい本。