学習院大学法学部 | 法学科|政治学科学習院大学法学部 | 法学科|政治学科

教員メッセージMessage from Professors

佐瀬 裕史

法学科 教授
佐瀬 裕史
Hiroshi Sase
専攻:民事訴訟法

出身地
東京都
最終学歴
東京大学法学部/学士(法学)
所属学会
民事訴訟法学会
研究テーマ
民事手続法
担当科目
民事訴訟法、民事訴訟法演習、特設演習

民事訴訟法とは?

民事訴訟法とは? 人は生活をしていると、どこかでもめごとにぶつかります。身近なところで言うと、交通事故で誰かに怪我をさせてしまったとか、家主が家賃を上げると言ってきた、というようなことがらです。このようなもめごとが関係者の間で話合いによって解決できれば、それにこしたことはありません。
しかし、話合いで解決できないことがあります。そのときにどうするのか。古くから、どちらの主張が正しいのかを何らかの方法によって決めるという方法がとられてきました。このことは現在においても同じです。現在では、中立な第三者である裁判所に判断してもらうという方法が用意されています。
もめごとについて裁判所で判断してもらうには、もめごとの関係者のうちで誰が正しいのかを判断する基準が決まってなければいけません(この基準を定める法律のことを、実体法といいます)。
しかし、それだけでは十分ではありません。どのような手順でもめごとを判断することになるのかが決まっていないからです。どのような手順でもめごとを判断するのかが決まっていなければ、手順を巡って争いがおきて、もめごとの中身の判断の前に多くの時間が費やされてしまうかもしれません。また、もめごとの関係者が自分の言い分を聞いてもらえないうちに、もめごとについて判断されてしまうかもしれません。
そこで、どのような手順でもめごとを判断するのかのルールが必要になります。このルールは、民事訴訟法と呼ばれ、これを私は専攻しています。

民事手続法とは? 民事訴訟法を専攻していると先程説明しました。しかし、実は、私が専攻している分野は、もう少し広いものです。民事訴訟法だけではなく、民事訴訟法を含む、もめごとの解決に関連するルール全般について専攻しています。もめごとの解決に関連するルール全般のことを、民事手続法と呼んでいます。
民事訴訟法以外にどのようなものが民事手続法に含まれるかというと、民事執行法、倒産法を代表例としてあげることができます。
もめごとについて裁判所が判断した結果を当事者が守らなかった場合、裁判所の判断を強制的に実現する必要があります(強制的に実現できなければ、裁判をする意味がありません)。そのための手順を定めるルールが民事執行法です。裁判で負けてしまった人の利益を考慮しながらも、いかに迅速に裁判所の判断を実現できるかが重要な問題となります。
ある人が自分の持っている財産では借金を返せなくなってしまった場合、その人に対してお金を貸した人全員で財産を分ける必要があります。そのための方法を定めるのが倒産法です(個人だけでなく、会社がお金を返せなくなってしまった場合も含まれます)。少ない財産をどのようにすれば正しく分けられるのかが重要な問題です。

著書・論文紹介

  • 「民事控訴審の構造に関する一考察(一)~(六)──ドイツと日本における控訴審の誕生と展開を追って」
    法学協会雑誌125巻9号、126巻6号、126巻12号、127巻12号、128巻9号、129巻8号(法学協会、2008年~2012年)

    日本の民事訴訟の第二審(控訴審)の仕組みについて、日本の母法であるドイツ法や明治時代からの日本法を参照しながら歴史的に検討したものです。

  • 「民事保全法 23条(保全の必要性)」
    新基本法コンメンタール(別冊法学セミナー)民事保全法(日本評論社、2014年)

    民事保全法の逐条解説(コンメンタール)として、保全の必要性について規定する23条について担当して執筆したものです。

  • 「裁判外における訴え・上訴の取下げの合意の書面性の要件」
    学習院大学法学会雑誌48巻2号(学習院大学法学会、2013年)

    訴えを提起した当事者(原告)は、裁判所に届け出ることによって、裁判を途中で取りやめることができます(訴えの取下げ)。原告が訴えを取り下げることを相手方に約束したものの、その約束を果たさなかった場合の約束の有効性の要件について、検討したものです。

  • 「控訴審における証人の再尋問 ─人証調べの直接主義の価値」
    伊藤眞古稀祝賀論文集(有斐閣、2015年)

    第一審判決に対して控訴がなされた場合に第一審で尋問した証人を控訴審においても再び尋問するべきかどうかという問題について、証人尋問を裁判官の目の前で行うことの意味という観点から考察したものです。