学習院大学 法学部 | 法学科|政治学科

キャンパスライフMessages from Students

今までで一番勉強したこの4年間の学びは
社会に出てから必ず役立つと確信しています

法学科4年(取材当時) 小山 かやのKayano Koyama

 落ち着いた雰囲気を持ちながら、しっかり自分を持っている人を育てるという学習院大学の校風が良いと感じ、進学しました。法学科を選んだのは、自分にとって経済や文学は身近なものに感じられず、社会に出ても役に立つ法律のほうが身近に感じられたからです。実は、母も法学部の出身。その母から、学生時代の話をいろいろ聞いて、面白そうだと感じたことも後押しになりました。意識はしていなかったのですが影響は受けているのかもしれません。
 大学ではこれまで以上に勉強にまっすぐ向き合いました。テストの点を取る、というよりは、興味がある法律科目を学ぶことに面白さを感じたからです。1,2年生の頃は勉強の仕方もよくわからず、成績も伸び悩んでいました。正直、内容が理解できないこともたくさんありましたが、興味があったので楽しんで学ぶことができました。
 3年を過ぎたころからは理解も進み、リーガルマインドが身に付いたことにより自然と成績も上がりました。
 現在は小塚荘一郎先生の商法ゼミで会社法などを学んでいます。就職活動中、企業の情報を調べていると、その背景にあるコンプライアンスやコーポレートガバナンスが実際の企業の取り組みと一致していることに気が付いたり、会社に入ってからも役に立つような知識を身に付けることができたので、これらの法律を学んだことが社会に出てからも役に立つと確信しました。
 法律科目はもちろんのこと、英語や体育など、法律科目以外の単位も取ることができる選択肢の幅の広さは、法学科の魅力の一つだと思います。
卒業後は大手総合商社の一般職として働きます。OG訪問などを通して、一般職の方々が自ら主体性を持ち働いていらっしゃる姿を見て、自分に合っていると感じたからです。将来のことはまだ具体的には考えていませんが、できるだけ長く働いていきたいと思います。

保護者メッセージ

目白の杜には「学び」を通して「人」を育てる環境があります

 娘はマイペースなところがあり、のびのびとした校風がとても合っていたと思います。世間一般にはお堅いというイメージを持たれがちのようですが、自由闊達に学生生活を送っている娘を見ていて、この選択は間違っていなかったと確信しています。
 豊かな環境の中で勉強だけに限らず、自分の学びたいことを自由に伸ばしていけるということは素晴らしいと思います。実際に親の私が驚くほど、この4年間は中・高の時以上に勉学に励んでいました。またそのような環境の中で学ぶことができるからこそ、大きく視野を広げていくこともできるのではないかと思います。
 学習院の良さは、良い意味での伝統を持っていることです。これは単に歴史があるということだけではなく、長きにわたる、先生方や職員の皆様の努力と、卒業生との縦の強いつながり、また少人数であることが生み出しているものだと思います。そのように受け継がれてきた雰囲気の中で4年間過ごすことにより自然と「学習院生らしさ」も身に付いていくのではないでしょうか。
 日頃は自由にキャンパスで過ごしている学生たちも、出る所に出たときにはきちんとできる、そのようなバランスの取れた人を育てる恵まれた環境が、目白の杜にはあると感じています。

小山 恵理子 Eriko Koyama