上岡 伸雄 教授 (かみおか のぶお)

略歴

東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程修士課程修了。
米国ブラウン大学英文科修士課程修了。
東京大学文学部英語英米文学科助手。
埼玉大学教養学部助教授。
明治大学文学部教授を経て、現在に至る。
写真

研究分野

[専門分野]
現代アメリカ小説。

[研究テーマ]
ドン・デリーロ、ポール・オースター、フィリップ・ロス、ティム・オブライエンなど。

[主要著書]
E.アニー・プルー『シッピング・ニュース』(集英社) ドン・デリーロ『ボディー・アーティスト』(新潮社)、『コズモポリス』(新潮社) フィリップ・ロス『ヒューマン・ステイン』(集英社)、『ダイング・アニマル』(集英社)など。

[所属学会]

日本アメリカ文学会、日本英文学会など。

近年の主要講義・演習

文化背景演習:アメリカの地理1と歴史
現代研究コースゼミナール:Truman Capote研究
英米文学特別演習:現代アメリカ文学入門
翻訳特別演習:現代アメリカ文学をいかに訳すか
作家作品特殊研究(大学院):Paul Auster研究

趣味・特技等

翻訳?

文学部で/私のゼミで学ぶ人たちへ

英語ができるようになりたい。ほとんどの人がそう思って英米文学科に来ると思います。しかし、どの程度の英語ができるようになりたいですか?海外旅行で困 らない程度?それでは目標が低すぎます。英語ができるというのなら、知的なことを英米人と議論できるくらいを目指しましょう。つまり、海外で仕事や勉強が バリバリできるくらい。そのためには、高度な英文を読める力も、文化的背景に関する知識も必要となります。
私はすべての授業で、英米文学の名文をたくさん素読・暗誦し、聞き取るように学生に求めています。こうして名文を文字通り身に付けるとともに、広範な知識 を得てもらいたいのです。文学作品の言語というのは、とても高度なコミュニケーションの道具です。それくらいの文章を味わって読めるようになること。そし て、英米文学の豊かな世界を知ること。そうすれば、必ずや英米人とのコミュニケーションにも困らない英語力と教養が身についているはずです。
CLOSE