高見 健一  教授 (たかみ けんいち)

略歴

大阪教育大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。
東京都立大学文学博士号取得。
静岡大学教養部助教授、
ハーバード大学言語学科客員研究員、
ハーバード大学イエンチェン研究所共同研究員、
東京都立大学人文学部教授を経て、現在に至る。
写真

研究分野

[専門分野]
理論言語学。特に統語論、意味論、機能的構文論。

[研究テーマ]
英語および日本語の諸構文を統語的、意味的、機能的側面から分析。

[主要論文]
  • 『日英語の機能的構文分析』(鳳書房)
    Preposition Stranding (Mouton de Gruyter)
    Grammar and Discourse Principles (共著)(University of Chicago Press)
    『機能的構文論による日英語比較』(くろしお出版)
    『謎解きの英文法―冠詞と名詞―』(共著)(くろしお出版)
    『謎解きの英文法―文の意味―』(共著)(くろしお出版)
    『謎解きの英文法―否定―』(共著)(くろしお出版)
    『謎解きの英文法―単数か複数か―』(共著)(くろしお出版)
    Quantifier Scope (共著)(くろしお出版)
    『談話と情報構造』(共著)(研究社)
    『日英語の自動詞構文』(共著)(研究社)
    Functional Constraints in Grammar (共著)(John Benjamins)
    『日本語機能的構文研究』(共著)(大修館書店)
    『英語の構文とその意味』(共著)(開拓社)など。
[所属学会]
日本英語学会、日本言語学会、日本英文学会、日本語文法学会、日本語用論学会、アメリカ言語学会など。

近年の主要講義・演習

言語・教育コースゼミナール:認知文法入門
言語・教育コース入門講義:ことばの仕組みを理解する
言語・教育コース演習:英語の文の構造を理解する
英米語学演習(大学院):生成文法による文の分析

趣味・特技等

音楽鑑賞、散策。

文学部で/私のゼミで学ぶ人たちへ

文学部は、さまざまな角度から私たち人間について考察を深めるところですが、私のゼミでは、人間を人間 たらしめている言葉について考えます。特に、英語や日本語をもとに、言葉の仕組みやその裏に潜む規則を明らか にし、言葉の驚くべき特徴や不思議さを解き明かしていきたいと思います。
CLOSE